このページの本文へ

ハゲはかっこいい!薄毛男性を応援するWEBマガジンが人気の理由

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
ハゲ、薄毛の男性を熱く応援するWEBマガジン「NOHAIRS」
ハゲ、薄毛の男性を熱く応援するWEBマガジン「NOHAIRS」 撮影:長谷川さや

ハゲや薄毛に関する情報だけを発信し、薄毛男性を応援するWEBマガジンが今、注目を集めている。立ち上げたのは薄毛に悩んでいた男性かと思いきや、“意外な人物”だった。

「ハゲや薄毛はかっこ悪い」
そんな常識を覆すWEBマガジン誕生

 ブルース・ウィルス、ケビン・スペイシー、ジャン・レノ、ニコラス・ケイジ、渡辺謙――。いずれも世界で活躍する渋くてかっこいい2枚目映画スターだが、彼らには、もうひとつの共通点がある。それは「薄毛」であることだ。

 男性にとって大きな悩みのひとつである「ハゲ」「薄毛」。薄くなっていく頭髪、少しずつ後退していく生え際が気になって仕方ないという方も少なくないのではないか。ちなみに、日本では40代で30%、50代以降は40%の人がAGA(男性型脱毛症)に悩んでいるという調査結果がある(日本皮膚科学会)。

 しかし、ハゲはかっこ悪いことなのか。隠す必要があるのだろうか。

 そんなコンセプトで始まったWEBマガジンが話題になっている。その名もズバリ「NOHAIRS(ノーへアーズ)」。ハゲや薄毛はかっこ悪いという世の常識を覆し、個性のひとつとして発信していこうと2019年7月に立ち上がり、いま世の男性から熱い視線を浴びている。

 どんな記事が掲載されているか、少しご紹介しよう。

「スキンヘッド歴15年の玄人が語るアフターケア化粧品比較検証」
「髪の毛に捉われず人生を過ごす、元地方公務員」
「同性にもかっこいいと評される“日本のジダン”の清潔感の理由とは」
「薄毛でもこの髪型ができることを伝えたい」
「新しい世界、ハゲマッサージを受けてきた」
「世界坊主連合発起人のひとりの、10年隠し続けた頭を剃りあげた瞬間とは」
「全人類に伝えたい!『眠トレ』のススメ ―デブ・ハゲこそ寝るべき―」

 薄毛の人へのインタビュー記事を筆頭に、ヘアケアやスキンケア、ファッション情報、ブックガイドなど実用的な記事が多い。あらゆる角度から薄毛の男性を応援するコンテンツを掲載して共感を集めている。ちなみに、NOHAIRSでは、かっこいいハゲを「ハゲリシャス」と呼んで、目指すべき目標としている。

立ち上げたのは25歳の女性だった!
「勇気をもらった」という読者も

「NOHAIRS」を主催する高山芽衣さん(25歳)
「NOHAIRS」を主催する高山芽衣さん(25歳) 撮影:長谷川さや

 このWEBマガジン、企画したのは薄毛に悩む男性かと思いきや、なんと若き女性だった。高山芽衣さん(25歳)。いったいどんな思いで立ち上げたのか、取材をしてみた。高山さんは現在、アパレル業界でデザインや販売の仕事に携わっているという。

「アパレル業界で働く上で、洋服を着る方の個性をどうやって生かそうかといつも考えています。そんな毎日を送っている内に、ふと、男性の薄毛に対する世間のイメージに疑問を感じるようになったのです。どうして薄毛はかっこ悪いのだろうか、なぜカツラで隠すのだろうかと。ハゲや薄毛は引け目を感じることじゃなく、むしろポジティブな個性ではないかと思うのです。私の父も薄毛ですが、いつも堂々としていてかっこいいです」(高山さん、以下同)

 実際、マスメディアでは、薄毛対策のカツラや増毛法を大きく宣伝している。世の風潮として、ハゲ=かっこ悪いもの、隠すべきものというイメージが蔓延してしまっているのだ。

「海外では、ハゲや薄毛を隠すことはありません。むしろ個性のひとつと捉え誰も気にしません。日本は髪の毛に限らず、まわりの目を気にしたり、みんなと同じものが安心できるといった風潮が昔からあります。そういう悪しき習慣に一石を投じたかったのです」

 記事を書くライターは薄毛の男性だが、取材に赴くインタビュアー、カメラマン、編集者はすべて女性である。

「取材に行くと女性が記事を書いていることに驚かれます。でも誰もが取材を喜んでくれます。こういったメディアを待っていた、役に立つ、勇気をもらった、という読者の方が大半です。薄毛に悩んでいない方からも注目をいただいています」

 NOHAIRSに出合って、ハゲや薄毛への価値観が変わった人、前向きになった人は多いという。

「薄毛の方は、もっとオシャレを楽しんでほしいですね。洋服や靴、バッグなど身のまわりのアイテムをファッショナブルにすることで、薄毛は気にならなくなります。そして大事なのは清潔感です。頭髪を隠すことなく、いつも堂々としていれば、誰もがかっこ良くなれると思います。女性は男性に“ありのままの姿”を求めているんですから」

 ちなみに、高山さんがかっこいいと思う“ハゲリシャス”は、サッカー選手のジダンと俳優の竹中直人だそうだ。

 始まったばかりのメディアだが、反響が大きく、次なるプランも進んでいる。

「いま、薄毛の方専用のシャンプーや、頭皮もケアできる洗顔料を開発しています。2020年半ばには発売する予定です。また、薄毛の男性へのコーディネイトサービスも始めたいと考えています。ヘアスタイルからヘッドスパ、洋服のスタイリングを提供することで、さらにかっこ良くなっていただきたいと進めています」

 ハゲや薄毛は、個性のひとつ。魅力的に見せることで個性はさらに輝いていく。薄毛に悩んでいる男性諸氏、ご興味があれば、ぜひともNOHAIRSをご一読あれ。

(吉田由紀子/5時から作家塾®)


※本記事はダイヤモンド・オンラインからの転載です。転載元はこちら

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ