このページの本文へ

パイオニア、BD-R16倍速記録対応の外付けドライブ2モデル

2020年01月07日 19時50分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 パイオニアは1月7日、Windows/Mac用の外付けBlu-ray/DVD/CDドライブ2モデルを発売すると発表した。

BDR-X12J-UHD

BDR-X12JBK

 ラインナップは「BDR-X12J-UHD」「BDR-X12JBK」の2モデル。価格はBDR-X12J-UHDが2万8000円前後、BDR-X12JBKが2万円前後。どちらも1月中旬に発売予定。

 Blu-rayディスク(1層:25GB)への最大16倍速記録に対応するほか、すべてのBDXLディスク(BD-R XL:3層100GB/4層128GB、BD‐RE XL:3層100GB)への記録と再生も可能とのこと。また、BDR-X12J-UHDは「Ultra HD Blu-ray」の再生にも対応する。

 ディスク表面の傷や汚れでオーディオCDのデータが読み取れない場合、独自のアルゴリズムで再度読み取りをする機能「PureRead 4+」(BDR-X12J-UHD)や、「PureRead 3+」(BDR-X12JBK)も搭載。また、傷や指紋、汚れの付いたBlu-ray/DVDや、書き込み品質の低いBlu-ray/DVDでも再生できる「PowerRead」機能を備える。

 そのほか、Android向けアプリ「Wireless Hi-Res Player~Stellanova~」をダウンロードしたAndroid端末をUSBケーブルで接続すれば、PCを介さずにCDの楽曲の取り込みや再生が可能。

 両モデルとも、インターフェースはUSB 3.1 Gen1、USB 3.0、USB 2.0を搭載。対応OSはWindows 7以降/OS X El Capitan 10.11以降。サイズは幅160×奥行き220×高さ50mmで、重さは約約1.1kg。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン