このページの本文へ

Xperia 1ロングランレポート第31回

ベトナムのプリペイドSIMをXperia 1で使ったら80Mbps以上出た!

2020年01月09日 10時00分更新

文● 中山 智 編集● ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 お正月休みを利用して、ベトナムのダナンに来ております。2019年にベトナムを訪問した日本人は、約95万2000人で前年に比べて12万以上増加しているとのこと。特にダナンはベトナムのビーチリゾートとして最近注目されているエリア。日本からもベトジェットエアやベトナム航空などが直行便を就航しています。到着したダナンの空港では、現地のプリペイドSIMが購入可能。入国審査を抜けた先の預け荷物を引き取るターンテーブルのあるフロアにショップが並んでいます。

出国審査後すぐにSIMが買えるダナン空港

 持ってきた「Xperia 1(SO-03L)」で通信するためのSIMを購入します。ショップは何軒かありますが、金額などに大きな差はないようです。ただし両替前でしたので、ショップでクレジットカードが利用できるかどうか聞いて、利用できるショップを選びました。

 購入したのはデータオンリーで9GBまで。利用期間を確認し忘れましたが、1週間滞在すると伝えたので、最低でも1週間は使えるはずです。価格は18万ドンだったので、日本円で900円ほど。最近は日本の通信キャリアやタイのAISが提供しているSIM2Flyなど、ローミングサービスを利用する機会が増えましたが、さすがにこの価格だと現地のプリペイドSIMのほうがおトクです。

価格は9GBのデータオンリーで、日本にして900円ほどと激安

 通信キャリアはViettelでした。カウンターによってはほかのキャリアのSIMも取り扱っているようです。またAPNなどの設定は、店員がやってくれました。ちなみにAPNは「v-internet」でユーザー名やパスワードなどの入力は不要です。

設定まで店員さんがやってくれた

アクセスポイント名はv-internet

 ちなみに購入時にはパスポートのチェックがあります。ベトナムは宿に泊まる際に、パスポートを預けるシステムを未だに採用しているところが多いので、SIMを購入するなら街中よりもパスポートを持っている到着空港のほうがオススメです。この1年間でホーチミンやハノイなどの空港にも行きましたが、いずれの空港でもSIMは購入できたので。

 ショップでインターネットに接続できるのを確認してから、街中に移動。ホテルについて速度計測をしたら、下り86.2Mbps/上り49.4Mbpsとかなり高速。9GBもあるので、動画のバックアップなどに使わなければ、パソコンやタブレット用にテザリングをして使うにも十分です。

アンテナピクトは4G+の表示で、下りは50Mbpsに近い速度を計測

ビーチでも現地SIM&Xperiaは快適に使えた!

 プリペイドSIMの購入はハードルが低く、しかも料金は激安。SIMロックを解除したスマホを持っているユーザーには、ベトナム旅行オススメですよ!

【取材協力:ベトジェットエア】

※Xperia 1(SO-03L)/Android 9で検証しました

■関連サイト

筆者紹介:中山 智

 海外取材の合間に世界を旅しながら記事執筆を続けるノマド系テクニカルライター。雑誌・週刊アスキーの編集記者を経て独立。IT、特に通信業界やスマートフォンなどのモバイル系のテクノロジーを中心に取材・執筆活動を続けている。


カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン