このページの本文へ

日本の法規制に準拠したブロックチェーン規格の海外展開への取り組みについて

スタンダードキャピタル株式会社
2019年12月02日

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

スタンダードキャピタル株式会社
Overseas expansion of blockchain standards in accordance with Japanese laws and regulations

ベンチャーキャピタル事業およびSTO事業を展開するスタンダードキャピタル株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:山口大世)は、本日、安全かつ安心なセキュリティトークン市場の健全化を目指して、日本の法規制に準拠した独自のブロックチェーン規格開発を行い、海外展開に取り組んでおります事をお知らせします。




ここ数年で、暗号資産の流出等が相次いだことから暗号資産取引には金融機関と同等、もしくはそれ以上のセキュリティ・技術体制が求められています。取引量の拡大に伴う社会的影響力の増大、セキュリティへの意識の高まりなどを受け、FATFによる規制強化が予定されており、マネーロンダリング対策への要求も高まっています。

スタンダードキャピタル社は、その様な背景を受けて開発した日本独自規格であるJP規格は、暗号資産市場の健全性を担保するKYC(Know Your Consumer)、AML(Anti-Money Laundering)、ユーザー保護、ユーザー情報の機密性、システム情報の正当性、システムの持続性の、6つの機能が導入されており、投資家保護の観点から各組織に権限を分立させたシステムとして設計されています。

また、ハッキングや個人情報の漏洩といった危険が迫った緊急時には、強制的な取引の取り消しやチャージバックによって資産回復や法的処置を講じることも可能です。また、パブリックではなく、半中央集権的ネットワークであるコンソーシアムチェーンを採用し、取引処理において、無駄なコストを削除しノードの数を減らす事によって、高速な取引システムを実現しています。(東京証券取引所における取引は1秒あたり1000~2000PTSと言われています。)

スタンダードキャピタル社は、安全かつ安心なセキュリティトークン市場の健全化に向け、JP規格に準拠した、世界における標準規格を目指した「ST20(ALLEX token)」の開発に加え、ブロックチェーン上における所有者の移転手続きや報酬の自動分配機能、そして、分散管理によって不動産投資における誇大広告や詐欺を防止する事ができる「J-FTA」の開発に取り組んでいます。

また、フィリピンCEZAにおけるセキュリティトークン取引所「ALLEX」に対し、独自規格「JP20」の技術提供に関する契約を締結。その他、チリでのセキュリティトークン取引所センターの開設も予定しています。

スタンダードキャピタル社は、全世界におけるセキュリティトークン取引所のインフラを提供し、その架け橋となることを目指しています。安全かつ安心なブロックチェーン技術の社会実装に向けて、私たちの暗号資産事業における知見を最大限に活用し、システム導入のみならず業務構築のサポートに加え、将来的な法令規制等への対応等、今後の市場動向を的確に捉えた包括的な支援をしていきます。


















【会社概要】

会社名 :スタンダードキャピタル株式会社
資金調達市場の流動性向上に向け、STO(セキュリティ・トークン・オファリング)事業を展開。不動産小口売買プラットフォーム「J-FTA」、フィリピンの経済特区であるCEZA(Cagayan Economic Zone Authority)においてセキュリティトークン取引所「ALLEX」を2020年1月に開設予定。

URL:https://standardcapital.co.jp/

代表者名:山口 大世
所在地 :〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-17-3 渋谷アイビスビル203
設立 :2018 年 11 月
資本金等:343,900千円

【English Edition】

Standard Capital Co., Ltd. (head office: Shibuya-ku, Tokyo, President: Taisei Yamaguchi), which develops venture capital business and STO business, is working today to improve the security token market.

We would like to inform you that we have developed our own blockchain standards that comply with regulations and are working on overseas expansion.

Over the past few years, crypto assets have been leaked one after another, so cryptocurrency transactions require security and technical systems equivalent to or higher than those of financial institutions. Due to the increase in social influence accompanying the increase in transaction volume and the heightened awareness of security, regulations are scheduled to be tightened by FATF, and the demand for anti-money laundering measures is also increasing.

Standard Capital, Inc. developed in response to such a background, the JP standard is KYC (Know Your Consumer), AML (Anti-Money Laundering), User Protection, Six functions are introduced: confidentiality of user information, legitimacy of system information, and system sustainability, and the system is designed as a system that divides authority among organizations from the viewpoint of investor protection.

In the event of an emergency, such as hacking or leakage of personal information, asset recovery and legal measures can be taken by forcibly canceling transactions or charging back. In addition, a consortium chain that is not a public network but a semi-centralized network has been adopted to eliminate unnecessary costs and reduce the number of nodes in transaction processing, thereby realizing a high-speed transaction system. (Trading on the Tokyo Stock Exchange is said to be 1000-2000 PTS per second.)

In addition to the development of “ST20 (ALLEX token)” that aims to become a global standard based on the JP standard, Standard Capital is committed to the soundness of the safe and secure security token market. We are working on the development of “J-FTA”, which can prevent hype and fraud in real estate investment through relocation procedures, automatic distribution of rewards, and decentralized management.

Concluded a contract for technology provision of the original standard “JP20” to the security token exchange “ALLEX” in CEZA, Philippines. In addition, we plan to open a security token exchange center in Chile.

Standard Capital aims to provide the infrastructure for security token exchanges around the world and serve as a bridge between them. For the social implementation of blockchain technology that is safe and secure, we will make full use of our knowledge in the crypto assets business and support not only system introduction but also business construction, as well as future legal regulations We will provide comprehensive support that accurately captures future market trends.

【Company Profile】

Company name: Standard Capital Co., Ltd.

We are developing an STO (Security Token Offering) business to improve the liquidity of the funding market.We plan to open the security token exchange “ALLEX” at CEZA(Philippine Special Economic Zone) in January 2020.We are also working on the development of the real estate retail trading platform “J-FTA”.

URL: https://standardcapital.co.jp/

Name of representative: Daiyo Yamaguchi
Location: Shibuya Ibis Building 203, 2-17-3 Shibuya, Shibuya-ku, Tokyo 150-0002
Established: November 2018
Capital etc .: 343,900 thousand yen

■ Inquiries regarding this issue (news release) ■

Standard Capital Co., Ltd.
Telephone: 03-6805-1517 Email address: info@standardcapital.co.jp

カテゴリートップへ

注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
STARTUP×知財戦略バナー
IoTイベント(300x100)
ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム
アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ