このページの本文へ

風邪・インフルだけじゃない!「冬の不調」を避けるためにできること

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「冬の不調」を避けるためにできること

寒くなってくると、「なんとなく調子が悪い」という人が増えてくる。手洗いやうがいで病気がうつらないようにする努力とは別に、自宅の環境を変えることで体調を整えることはできないだろうか。“家の空気環境”の専門家に話を聞いた。(ダイヤモンド・セレクト編集部 吉岡綾乃)

風邪でもないのに調子が悪い……

 くしゃみや咳、鼻づまり。そういえば喉も少しイガイガする。風邪を引いたのだろうかと風邪薬を飲んでも良くならない――そんなときは、ハウスダストが原因のアレルギー性鼻炎を疑ってみるといいかもしれない。ハウスダストは総称で、個別に見ると、ホコリ、カビ、ダニの死骸やフン、ペットの毛、花粉、PM2.5など。アレルゲンがハウスダストか花粉かという違いで、春の花粉症と似た症状が続く。

アレルギー疾患統計患者数の年次推移(出典:厚生労働省「アレルギー疾患対策について」)
アレルギー疾患統計患者数の年次推移(出典:厚生労働省「アレルギー疾患対策について」) 拡大画像表示

 こうしたアレルギー性鼻炎の患者が、日本では年々増えている。厚生労働省の資料によると(※)、2001年に日本アレルギー協会が全国調査をしたときに全国平均約12%だった鼻アレルギー患者は、2006年に全国11カ所で行った有病率調査では47.2%となったとある(同じ調査方法ではないので単純には比較できないが)。また、リウマチ・アレルギー対策委員会報告書によれば、2005年には日本の人口の3人に1人だったアレルギー疾患の患者数は、2011年には2人に1人に増えている。

 もう一つ、この時期「なんとなく体が不調」「疲れやすい」という場合、寒暖差の大きさが原因なことがある。自律神経の働きにより、人間の体はできるだけ体内の状況を一定にするべく、周りの気温に合わせて体温を調節しようとする。前日比や朝晩、室内外などの気温差が7度以上ある場合には、人によっては自律神経が乱れて頭痛・肩こり・めまいなどが起こったり、くしゃみや鼻水など鼻炎のような症状が出たりする(寒暖差アレルギー)。

 屋外だけでなく、家の中の温度差も要注意だ。急に体が大きな温度差を感じると、血圧が急激に大きく変動する。その結果、心臓や血管に疾患が起こるのが「ヒートショック」だ。冬場、寒い浴室で血圧が上がった状態から、熱い風呂に入って血管が拡張して血圧が急低下し、めまいや脳梗塞などを起こして倒れる、というのが典型例。ヒートショックは10度以上の温度差があると起こりやすく、特に11~2月の時期に多い。

※厚生労働省資料「アレルギー疾患対策について」(PDF

ポイントは「家の中の空気」

 なぜアレルギー疾患に悩む人が増えているのだろうか。原因の一つと考えられているのが、住宅の変化だ。

冬場、窓ガラスに発生する結露
冬場、窓ガラスに発生する結露によって室内の湿度が上がる

 昔の日本家屋は木造で隙間が多く、風通しが良かった。冬場は隙間風が寒い代わりに、特に意識しなくても自然に風が通り抜けるし、風が動けば湿度も下がる。一方、現代の日本の家は気密性が高い家(特にマンション)が多い。温かい、耐震性が高いなどのメリットがあるが、気密性が高い分どうしても風通しは悪くなる。意識して換気をしないと、湿気が外に逃げずに家の中にたまってしまい、窓ガラスなどで冷えて結露する。こうして湿度が上昇しやすく、室内が生乾きの状況になると、カビが生えやすくなる。カビをエサにするダニも増える……という悪循環が起こる。以前は家の中の湿度が上がるのは梅雨時や夏場などだったが、結露は気温が低いときに起こりやすいため、秋~冬も湿度が上がりやすくなった。結果として、一年中、家の中の湿気が上がりやすく、カビが生えやすい環境になっているのだ。

 しかし「気密性がよくなったことは、決して悪いことではないです」と話すのは、東京工業大学 環境・社会理工学院 建築学系で、建物内の空気環境を専門とする鍵直樹准教授。「建物の性能は現在良くなっていますが、住宅の設備、性能の通り生活できていない習慣により、問題があるのも事実です。住宅の性能に合わせて習慣を変えること、住まい方が重要です。(1)定期的な換気(2)定期的な掃除など衛生的な生活習慣(3)温度、湿度や汚染物質をモニタリングし、気にしながら生活する、の3つをお勧めします」(鍵氏)

 特に(3)は意識している人が少ないのではないだろうか。「温度に比べて、湿度を気にする人は少ない。特に気をつけたいのが冬場の湿度です。冬場は暖房で空気の湿度が下がりやすい半面、石油ストーブなど室内に排気するような燃焼器具の使用、洗濯物の部屋干しなどで簡単に室内の湿度が上がりやすい」と鍵氏は指摘する。湿度が上がると結露やカビの発生を招き、ハウスダストなど室内環境を悪化させる。

 ハウスダストアレルギーも、温度差による不調も、ポイントは「家の中の空気」だ。できるだけハウスダストをため込まず、部屋の温度差が少ない、温かい家に住むことで、冬場の不調をある程度避けられるようになる。

家の中の空気をきれいに温かく保つ方法

『「病気にならない家」6つのルール』上郡清政(KKベストセラーズ)

「人は寝る時間も含めて、人生の約60%を家の中で過ごします。体に摂取する物質の中でもっとも多いのが室内空気です。質の悪い空気が体に入れば、体の調子が悪くなるのは当然です。しかし、日本のほとんどの家の空気は、外の空気より汚れていると考えるべきです」と話すのは、住環境アドバイザーで、『病気になりにくい家 6つのルール』筆者の上郡清政氏。

 住宅の性能を生かし、家の中の空気をきれいに温かく保つ「住まい方」とは、具体的にはどんなものなのか。上郡氏によると、家で気をつけるべきポイントは、(1)換気(2)温度差(3)湿度(4)家の使い方の4つだという。ここからは上郡氏に、具体的な「住まい方」を聞いていこう。

(1)換気~空気の通り道を意識する

 人ひとり当たり必要な換気量は、30立方メートル/時とされる。気密性が極めて高い家で、換気だけでこれだけの空気を入れ換えようとすると、1日に12回の換気が必要になる。しかし、2時間おきに換気をするというのは現実的には難しい。家の中の空気が、自然に、効率よく循環するように工夫したい。

 ポイントは「家を全体的にとらえて空気の入り口と出口をハッキリさせ、空気の動く道筋を意識すること」。例えば、家の対角線上にある窓を2カ所空けておく。全開でなくてもいいので、空気が抜けていくようにするとよい。

 マンションの場合は、玄関ドアの近くに丸い換気口があり、ここから外の空気を取り込んで、キッチンや浴室などの換気扇から排出するようになっている部屋が多い。また、2階建ての場合は階段から遠い1階の窓を少し開け、2階の窓ももう1カ所開けておくと、風が抜けやすくなる。

 これとは別に、毎朝起きたときと、外出先から戻ったときに5分間ずつ窓を大きく開けて換気するとよい。

(2)(家の中の)温度差

 家の中を空気が流れるようになっても、吹き込んでくるのが冷たい空気では家中が寒くなってしまう。冬は外から入ってくる空気が冷たいので、空気の入り口近くにストーブなどを置いて温めると、家全体を効率的に温められる。同じ理由で、給気口の近くに空気清浄機を置いて、外から入った空気をできるだけきれいにしてから家の中へ送り出すようにするのも効果的だ。ドアはストッパーなどを使って開けておき、全ての部屋を空気が抜けるようにする。

 注意したいのが窓。日本の窓は断熱性が悪いサッシ窓が多いため、冬場、外気温が低いと窓からどんどん冷気が入ってくることになる。単に室内の温度が下がるだけでなく、空気中の水蒸気が冷やされて結露の原因にもなる。断熱シートを付けるなどして、できるだけ窓から冷気が入るのを防ぎたい。

 上郡氏は、暖房を運転し続けて、家全体を常に暖かくしておくことを推奨している。ヒートショックまで行かなくても、極端な温度差は人間の体に強いストレスをかけ、自律神経を乱したり免疫力を下げたりすることがある。家全体が温かく、部屋の温度差があまりない環境を目指そう。

空気の入り口と出口をはっきりさせ、適切な窓を開けて自然に空気が循環するようにするのが大事だ

(3)湿度

 家の中の湿度をこまめにチェックして、40~60%にキープするよう心掛けたい。湿度60%未満であれば、カビやダニの繁殖を抑えられるためだ。しかしエアコンを使うと、過乾燥してしまうことがある。そういう場合は加湿器を使うが、結露を避けるためできるだけ窓から遠ざけて使う。また、暖房時に加湿もできるエアコンを使うのもよい。

 上郡氏は、温度計・湿度計を2つ用意して、家の北と南に置き、毎朝決まった時間に数字を記録することを勧めている。もう1つあれば外に設置して、室内との温度差を見る。チェックするのは湿度と、温度差。湿度は上述のように40~60%が目安、温度差は少ないほどいい。

(4)家の使い方

 最後は家の使い方。寝具や押し入れには湿気が溜まりがちだが、湿度を下げてカラッと保つことでカビやダニといったハウスダストの発生を防げるためだ。具体的には、布団を敷きっぱなしにしない、ベッドならば布団をめくっておく。また、ベッドの下に空間が空いているものは、そこを風が通るようにしておく。同じ理由で、押し入れ、食品を入れてある戸棚、靴箱なども普段はできるだけ空けたままにしておく。

 畳やじゅうたん、カーペットなどもできるだけ風が抜けるようにして乾いた状態に。子どものぬいぐるみは、湿気や汚れをため込みやすいが、片付けるときにカゴに入れておくだけでも湿気対策ができる。時々取り出して一つずつ並べて乾かしてあげるのを忘れずに。

 室内で洗濯物を干す場合は、キッチン、風呂、洗面所など風の出口の近くに。家の中に湿気をためないためだ。逆に空気が乾燥しすぎていると感じたら、エアコンの吹き出し口の下や、空気が入るところの近くに置くとよい。

 最後は掃除。1週間に1回でいいので掃除機をかける。目安としては六畳間で5分くらい。この時、窓を開けて掃除をすること、ごみを吸い込んだ掃除機のごみ袋を毎回捨てることがポイントだ。これだけで、カビやダニの死骸が減り、部屋の中で巻き上げられて吸い込んでしまうことが大きく減るという。

家の性能を引き出す、上手な「住まい方」を心掛けたい

 取材後、ここで紹介したことをいくつか実践してみたのだが、「足元が暖かいと夜遅く起きていてもつらくない」「家全体を温めておくと、寒い朝でも起きるのがラク」というのは大きな発見だった。2019年も残りわずか。年末の忙しいこの時期を元気で乗り切るために、家の中の空気環境を整えてみてはいかがだろうか。


※本記事はダイヤモンド・オンラインからの転載です。転載元はこちら

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ