このページの本文へ

狙いは5Gスマホ? それとも廉価版iPhone!?

ソフトバンク、利用料無料になった端末の48回払いで2年経過後に残債免除の「トクするサポート+」

2019年12月25日 15時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ソフトバンクは25日、ソフトバンクブランドのスマートフォン購入で48回分割を選択した際、24回分の支払い後にそれまで使っていた端末の返却を前提に、残債を免除する「トクするサポート+」を2020年3月中旬以降に開始すると発表した。対象となるのは、「トクするサポート+」が開始される3月中旬以降に発売する指定端末のみとなる。

 同じような名称で、従来提供されていた「トクするサポート」は、10月9日までは「半額サポート+」と呼ばれていたプログラムで、48回分割で24回以上支払った後、端末の返却で残債が免除されるのは同じ。しかし、プログラム利用料として月390円×24回(=9360円)が必要で、実際には負担額が半額でないこと、それまで使っていた端末を返却する、つまり実質的には下取りであること、特典の利用には端末を購入することが条件でユーザーの囲い込みに繋がっているといった点から、消費者庁から問題視する意見が出され、名称が変更されたという経緯がある。

 今回の「トクするサポート+」では、そのうちプログラム利用料が無くなっているのが最大の変化。また、残債免除のためには、新たにソフトバンクが指定する端末の購入が必要だが、購入しない場合でも旧端末を返却すればポイントの形でユーザーに還元するという選択肢を新たに用意することで、上記の意見に対応する形となっている。


■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン