このページの本文へ

日本に観劇文化は根付くか?NYからチケット当日割引ストアが上陸

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

NYのブロードウェイ ・ミュージカルを語る上で欠かせない「TKTS」というサービスがある。TKTSは、その日の公演のチケットを公式に割引して販売するディスカウントチケットストア。同サービスは2019年8月末に日本に上陸している。果たして観劇文化の希薄な日本において、TKTSは「その日、気軽に、エンタメを楽しむ」きっかけとなるだろうか。(清談社 ますだポム子)

思い立ったその日に買える
チケット代は最大半額に

TKTSの店舗
ニューヨークを訪れたことのある人なら見覚えがあるだろう赤い看板が「TKTS」の目印である 写真:岩田えり(以下同)

 急に予定が空いたとき、映画館へ行く人は多いだろう。料金が2000円程度で、自分のスケジュールに合わせて上映回を選択できる映画は、気軽に足を運べるエンタメだ。

 ところが同じ状況下でも、「ミュージカル」を鑑賞することは容易ではない。舞台芸術などのライブエンタメは、往々にして公演が始まる数カ月前にチケットの販売が開始される。人気の演目であれば、発売と同時に完売することも珍しくない。映画のように、思い立ったその日に見られるような気軽さはないのだ。なにより、映画に比べて高額なチケット代は、たとえ当日券があっても躊躇する理由となる。

 チケットを公演日のはるか前に購入しないといけないことと、料金が高すぎること。この2点は舞台やコンサートなど、ライブエンタメ全般に共通するネックだろう。ところがNYのブロードウェイでは、これらの問題点を解消し、気軽にエンタメを楽しめるサービスが展開しているという。それが「TKTS」。TKTSではその日の公演のチケットが、20%~最大50%にまでプライスダウンされ、お得に購入することができるのだ(ただし、一部チケットは定価)。

日本上陸の立役者が語る
世界初のライセンス契約獲得まで

「TKTSはNYでは親しまれたサービスです。利用したことはなくても、ほとんどの人がTKTSの看板を見たことがあるはずだと思います。タイムズスクエアを歩いたことのある人なら、きっと目にしたことがある巨大チケットストアなのです」

 そう話すのは、日本でTKTSを運営するロングランプランニング株式会社の根本真子さん。TKTSを日本に上陸させた立役者だ。根本さんはその経緯を「日本でより多くの人にエンターテインメントに触れてもらいたいと考えたとき、TKTSが最適解だと思ったんです」と語る。

 大きなネームバリューを持つTKTSが日本に店舗を構えれば、旅先で見掛けた覚えのある人が「NYで見たあのお店は何だろう?」と気にしてくれるはず。舞台鑑賞にあまりなじみのない層へのアピールとして、新サービスを立ち上げるよりも、NYからTKTSを“輸入”した方が興味を持ってもらいやすいと見込んだのだという。

「当社がTKTSを運営する『Theater Development Fund(TDF)』と交渉を始めたのは5~6年前のことです。度重なる交渉と日本国内での訪日外国人向けのチケット販売サービスなどの実績が認められ、今年の春に世界で初めてライセンス契約を獲得しました。そして8月に日本1号店をオープンすることができました」

幅広いジャンルのチケットが
すべて店頭販売のみの理由

 TKTSの利用方法は簡単だ。店舗へ行き、見たい舞台のチケットを買うだけ。取り扱われる演目は日によって異なり、詳細は毎朝9時に公式HPで確認が可能だ。情報の発信にはネットを活用するが、購入は店頭のみに限っている。販路を広げればより多くの人が手に取ってくれる気もするが、目的は収益増ではない。

「当サービスは観劇のハードルを下げ、普段舞台鑑賞をしない人にも、より気軽に、より身近なものとして楽しんでもらうことを目的としています。単なるバーゲンセールではないのです。また、購入する段階から観劇の思い出にしてほしいという思いも、店頭販売のみにこだわる理由の1つになっています」

 ネットで誰でも買えるようになると、観劇になじみのない層に「売れ残っているから値引きして売っている」という見方をされかねない。店頭販売に限ることでブランドが守られ、各興行元も限りある客席を安心してTKTSに預けられるという信用面でのメリットもあるのだろう。

「おかげさまで多くの興行元と取引をさせていただけており、提供できるラインアップも豊富です。演劇やミュージカル、小規模劇団の公演に加えて、コンサート、スポーツ、美術系の展覧会もあります。さらに、日本の伝統芸能である能や歌舞伎、和太鼓や日本舞踊の公演に、人力車、東京湾クルーズなど、外国人観光客にヒットしそうなコンテンツも多いですよ」

 さらに、TKTSには、その日に販売されている演目の中から購入者の希望を聞き、一人ひとりに合ったコンテンツを提供できる“コンシェルジュ”がいるという。

「コンシェルジュは現在2人おり、渋谷ヒカリエの旗艦店に常駐しています。他店舗への導入は検討中ですが、コンシェルジュからセールスのノウハウを伝えているので、どの店舗でもご相談に乗れますよ。『興味はあるけど、何を見ていいか分からない…』という人も、コンシェルジュに聞けば安心です」

生で観劇したコンシェルジュが
最適なコンテンツを提案

 実際に渋谷ヒカリエの旗艦店にお邪魔し、コンシェルジュのセールスの様子を見学させてもらった。日本に来て3年目というコンシェルジュのムアレム・エリオルさんは、気さくな人柄で日本語も達者だ。エリオルさんは「演目の内容やスケジュールはもちろん、電車の路線や最寄り駅の情報も頭に入れていますよ」という。

コンシェルジュは演目の内容やスケジュールだけでなく、電車などアクセス情報も頭に入っているという

「お客さんから質問をいただく度に、『お調べしますね』なんてお待たせするのはナンセンスですよね。だから必要な情報は即答できるよう、ほぼ暗記しています。データが入っていれば、もし1つ目のご提案が気に入ってもらえなかったという場合でも、すぐに2つ目、3つ目と別の案を出すこともできますからね」

 この日、筆者が見学しているタイミングで来店したのは外国人観光客のカップルだった。エリオルさん いわく、客層は大半が日本人だが、外国人も珍しくないという。2人は数日前に来日したばかりで、滞在中の予定を決めておらず、「日本ならではのエンタメはない?」と相談しに来たのだった。

「最初に和太鼓のステージをおすすめしましたが、今日は開演時間に間に合わなさそう(取材に伺ったのは17時頃)で…。そこで、移動を含めてもスタートに間に合う、『ロボットレストラン』や、東京湾のサンセットクルーズを提案させてもらいました」

 エリオルさんの提案はよどみなく、ショーやクルーズの開始時刻もスマートに返答していた。接客中には、タブレットを用いて動画や写真を見せ、視覚的な情報も伝えるという。どんな内容なのか、よりイメージをつかんでもらいやすくするためだ。加えて、取り扱っている演目は実際に見に行き、観劇したからこそ言えるセールストークも心がけている。

「多くの人にエンジョイしてほしいですから、生の感想を伝えられるよう、自分の目で鑑賞することも大事にしています。3日前にも、何度目かになる和太鼓のステージを見に行きましたが、新しいキャストが出演していてファンになりました(笑)」

観劇文化が根付いていない日本で
果たしてTKTSは定着するか?

 観劇のハードルを下げてくれるTKTSだが、そもそも日本は観劇の文化が薄い。そんな我が国で同サービスは根付くのだろうか。根本さんに展望を聞くと、「もちろん1~2年で根付くわけはないと思っています」との答えが返ってきた。

「日本におけるTKTSのメインターゲットは、観劇ライトユーザーです。その層を取り込み、エンタメをより身近に感じてもらうには、まだまだ時間がかかると思います。ライト層は、そもそもどんな演目があるのかが分からないという人が多いですからね」

 現在の日本では、ライブエンタメの情報というと、一部の大規模な興行や有名劇団の公演を除いてテレビCMなどが放映されることはほとんどない。ネットで検索すれば情報は出てくるが、量が膨大すぎて、初心者はどこから手をつけていいのか混乱してしまう。

「情報過多の現代だからこそ、ピンポイントに情報をキャッチしたい人には、TKTSのようなアナログのサービスが支持されると思っています。イメージとしては、外国人観光客が観光案内所に行くように、『エンタメ案内所』といった感覚で足を運んでもらえたらうれしいですね。そのために、まずは認知の拡大が、国内にサービスが根付く第一歩かな、と考えています」
 
 店舗型は時流に逆行しているようにも思えるが、個々人に合った情報を提供でき、エンタメ特有の障壁を取り払ってくれるTKTSは、意外に時代に即している形態なのかもしれない。そう遠くない未来に、全国各地に目を引くレッドの看板が増えるのだろうか。


※本記事はダイヤモンド・オンラインからの転載です。転載元はこちら

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ