このページの本文へ

定額でシャンプー・ブロー通い放題!美容院業界にもサブスクの波

2019年12月21日 06時00分更新

文● 藤野ゆり(ダイヤモンド・オンライン

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

サブスクリプションの波が美容業界にまで広がっている。月に何度も髪を切るような人はそう多くないかもしれないが、今話題の「美容業界のサブスク」は、月定額でシャンプーとブローが通い放題になるというもの。このサービスの狙いはどこにあるのか?(清談社 藤野ゆり)

髪形が整うと
ビジネスがうまくいく

美容院のシャンプー台
シャンプー・ブローだけのサブスク会員でも、美容院側は迷惑どころかウェルカムなのだという Photo:PIXTA

 大事なプレゼン前やジムの終わり、出先でちょっと髪を整えられたら…そう思ったことはないだろうか。忙しいビジネスマンにとって、平日も常に髪をびしっと決めるような余裕を持つことはなかなか難しい。仕事から帰宅すれば、シャンプーすることすら煩わしく、このまま寝てしまえたらどんなにいいかと思う。もっと、ランチに行くような感覚で美容院にも行けたら…。

 そんなニーズをかなえるのが、「メゾン」が提供するシャンプー・ブロー通い放題サービスだ。ユーザーはアプリに登録し月額料金を払うことで、好きな美容院で月に何度でもシャンプー・ブローをして髪形を整えることができる。選べる美容院は東京を中心に関西、果ては沖縄までその輪を広げており、現在の提携店舗は400以上。GardenやSORAなど、表参道や麻布十番という美容感度の高い土地に店を構える人気店がズラリと名を連ねる。

 美容院のサブスクリプションを立ち上げたきっかけは、メゾンを運営する「JOCY.inc」代表、鈴木みずほさんの原体験がもとになっているという。

「もともとこのサービスを立ち上げたのは、鈴木(代表)の会社員時代の経験によるものです。大事なプレゼンや会議の前に美容院で髪を整えていくと、何もしていないときよりうまくいく確率が上がると、鈴木は考えました。それは見た目の向上が結果に影響を与えたというより、髪形を整えたことで自分に自信が持てたことが大きかったようです」(JOCY.incの石黒武士副社長)

 髪が整うと、苦手だったプレゼンや会議にも自然と自信が持てるようになった。もっと気軽に仕事前や仕事中に立ち寄れる美容院が増えたら…、しかし月に何度も美容院に通うのは、金銭的にも負担がかかる。そこで生まれたのがサブスクリプションだったという。

「基本サービスをシャンプー・ブロー通い放題にしたのは、メニューをシンプルでわかりやすいものにして、美容院側の負担も減らすためです。ただユーザーのなかには、お店の雰囲気が気に入ったからこのままカットやカラーもしてもらいたい、ということもあるので、そういう場合はその都度お店にお願いをして、その場で別途料金をお支払いいただくことになります」

平日なら何度でも利用できて
料金は1万6000円

 メゾンでは、多くの提携店舗の中から、その日の予定や気分で様々な美容院を選ぶことができる。シャンプー・ブローは失敗のないメニューなので、長年決まった美容室に通っている人も気兼ねなく通える。サービス開始以来、登録ユーザー数は増え続け、現在は2万5000人。

「利用者の多くは30~40代の働く男女。営業などお客様と直接お会いする職種の方が多いですね。また男性の1割前後はシャンプー・ブローだけじゃなく、ヘッドスパも利用されます。仕事の合間の休憩や仮眠代わりに使うお客様もいます」

 気になる料金は、シャンプー・ブロー通い放題(平日)で月額1万6000円(税抜き)など、その他3プランがある。追加チケットを購入することで、土日も利用できたり、その他のヘアケアメニューを受けることも可能だ。

 美容院のサブスクを提案するのは同社だけではない。

 恵比寿の完全定額制美容室「Attina」では、カットにカラー、トリートメント、ヘッドスパに至るまで、美容院のフルメニューが月に何度でも受けられるプランを提供。利用店舗は「Attina」のみに限られる。月額料金はベーシックコースで2万4000円。受けられるメニューの多さによって、女性向けに3つのコース、男性向けに1つ、計4コースのラインアップがある。美容意識の高い人にとっては見逃せないだろう。

 また、ブローによるヘアセットに特化した通い放題を提供する「JETSET」は、月額1万6000円から。六本木ヒルズや表参道など、「JETSET」の店舗であればどこでも利用でき、とにかくスピーディーに髪をセットしてほしいというユーザーに支持されているという。

サブスクがきっかけで
常連客になってくれる人も

 しかしいくらサブスクといえど、なんとなくシャンプー・ブローだけで美容院を訪れるのは迷惑なのではと気が引けてしまうが…。実際、メゾン提携の店舗側は、美容院のサブスクをどのように考えているのだろうか?

「メゾンユーザーのお客様は、毎日1~3人前後いらっしゃいます。シャンプーとブローだけでもまったく迷惑ではなく、むしろありがたいです。美容院は平日の昼間は時間に余裕があることも多く、主婦の方やOL、ビジネスマンが、そういったアイドルタイムに店舗を利用してくださることは、お店側にとってもメリットなのです」

 そう話すのは、SORA麻布十番店スタイリストの鈴木祐介さん。麻布十番という土地柄か、同店のメゾンユーザーは特に主婦層が多いという。忙しい家事や育児の合間のリフレッシュだろうか。なかにはメゾンをきっかけに常連客になる人もいるという。

「メゾンでお店を気に入ってくれて、カットやカラーで来る人も増えました。サブスクはより広くお店を知っていただけるチャンスでもあります。多くて月に1~2度しか来店されない一般のお客様に比べ、毎日のように来店されるメゾンのお客様は距離が縮まりやすく信頼関係を築きやすいのです」

 1回のシャンプー・ブローにかかる時間は、30分から1時間前後。今回、実際にシャンプー・ブローを体験したところ、ヘアセットの美しさはもちろん、施術前とは髪の質感まで異なるので驚いた。

「SORAではサロン専用シャンプーを使って丁寧に髪を洗うので、洗い上がりの質感も、普段のご自宅でのシャンプーとは大きく変わると思います。忙しい日々に少しでも癒やしの時間を提供できたらうれしいですね」

 不思議なもので髪を整えてもらうと、それだけで華やいだ気分になり背筋が伸びる感覚がある。これからは仕事中の「仮眠」だけでなく、「洗髪」で気持ちを切り替える人が増えるかもしれない。


※本記事はダイヤモンド・オンラインからの転載です。転載元はこちら

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ