このページの本文へ

「NEDO AI&ROBOT NEXT シンポジウム」レポート 第16回

NEDOシンポジウム「AI&ROBOT NEXT」の「ロボット展示」の展示内容

2020年01月09日 09時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 NEDO(国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構)は2020年1月16日・17日にシンポジウム「AI&ROBOT NEXT」を開催する。予定されている展示に関して紹介する。

 NEDOの各研究委託先による人工知能とロボットについての研究発表を展示スペースで実施。研究テーマによっては、現場での各種デモや説明員による解説などを行なう。以下、当日予定されているロボット展示を紹介する。

 展示全体としては、実機展示6体、映像展示5体、以下の4テーマそれぞれにロボットが展示される。

・テーマ1:「静止した対象物に合わせ、動きを変えるロボット~ 身の回り編~」
 布を操作するロボ(実機)、お茶会ロボ(実機)、Tシャツをたたむロボ(映像)

・テーマ2:「静止した対象物に合わせ、動きを変えるロボット~ 工場編~」
 バラ積みピッキングロボ(実機)、組立ロボ(映像)、人間の重労働を肩代わりするロボ(映像)

・テーマ3:「動く対象物に合わせ、動きを変えるロボット」
 レストランのウェイターロボ(実機)、警備ロボ(映像)、バスケットボールロボ(映像)

・テーマ4:「形が変わる対象物の変化に合わせ、動きを変えるロボット」
 タオルを巻くロボ(実機)、粉体を計量するロボ(実機)

お茶会ロボ(実機展示)

茶道具を画像認識する 

 会場は新宿「LUMINE 0(ルミネ ゼロ)」(東京都渋谷区千駄ヶ谷五丁目24番55号 NEWoMan Shinjuku 5F)。開催時間は1月16日・1月17日(10時~17時予定)、ロボット展示は1月16日は13時30分~16時50分、1月17日は11時20分~16時50分。入場料は無料(事前登録制)。

カテゴリートップへ

この連載の記事
注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
STARTUP×知財戦略バナー
IoTイベント(300x100)
ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム
アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ