このページの本文へ

企業のメールをクラウドにバックアップ、必要に応じて簡単に検索可能

Arcserve Japan、メールアーカイビングのクラウドサービスを国内提供開始

2019年12月16日 16時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Arcserve Japanは12月16日、メールアーカイビングのクラウドサービス「Arcserve UDP Cloud Archiving」の国内提供を開始すると発表した。12月25日より開始する。

 同社の提供するクラウドサービス「Arcserve Business Continuity Cloud」のラインアップとして提供する新サービスで、企業のメールをクラウド上に長期保管するサービス。高速な検索エンジンを搭載しており、保存したメールに対してキーワードや送受信者、件名や添付ファイルといった条件検索も可能。簡単・迅速にアクセス可能なことから、監査や証拠開示の際に管理者が法規制や社内のコンプライアンスへの対応を可能にする。

 Microsoft office 365 や G Suite のクラウド メールシステムを使用している場合、クラウド to クラウド(C2C)で、オンプレミスを介さずメールの長期保管が可能。メールボックスの数やアカウント数に関わらず、クラウド上に保管するメールの総容量に対してTB(テラバイト)単位の年間サブスクリプションを購入するというわかりやすい料金体系を採用している。

 1年間のサブスクリプションの価格は57万7500円(1TB)から。

カテゴリートップへ

ピックアップ