このページの本文へ

リモート接続ソリューションTeamViewer 、世界的な独立品質保証機関の調査で高い評価を獲得

2019年12月13日 12時29分更新

文● TeamViewer ジャパン株式会社

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

TeamViewer ジャパン株式会社
「マルチデバイス対応」やアプリケーションの「使いやすさ」において優位

リモート接続ソリューションのTeamViewer(以下、チームビューワー)は、世界最大の独立系品質保証会社Qualitest(クオリテスト)による調査結果を発表しましたのでお知らせいたします。データを主体とした外部のフィードバックを基にした調査を実施するQualitestによると、『TeamViewer』製品には「マルチデバイス対応」やアプリケーションの「使いやすさ」において高い優位性があることが示されました。 調査は、実際に使用する環境で実施され、「プラットフォーム」、「ファイル転送」、「ポイント・ソリューション」の3つカテゴリーにおいて、『TeamViewer 14』と他社の類似製品を比較し、機能や使いやすさを包括的かつ系統的に評価したものです。


最高クラスのマルチデバイス対応
『TeamViewer』は、合計127種類のオペレーティングシステム、モバイルやIoTデバイスなどに対応しており、この数は他社製品を大きく上回っています。また、デバイス・カバレッジにも最も優れ、デスクトップ以外のオペレーティングシステム網に最も幅広く対応でき、『TeamViewer』を使うことでデスクトップを介さずにモバイルデバイス使った複雑なIoTのユーザー・ケースやITランドスケープに対応ができるようになります。

例えば、他社製品と比較した場合、『TeamViewer』はAndroidやIoTデバイスメーカー製品で最大で20倍のリモートサポートが可能となることがわかりました。

これはユーザーにとっては、様々なデバイスを使ってIT管理やリモートサポートが可能で、複数のデバイスに対応可能という重要な購入要素となることを示しています。デスクトップPC、サーバー、モバイル端末、タブレット、ミニコンピューター、コントローラーなど異なるデバイスを使って作業するケースが増える中で、そうした環境に対応できるITソリューションとして『TeamViewer』は一段と重要な役割を果たすことになるとみています。

最高クラスの使いやすさ
使いやすさは状況次第でユーザーの感じ方が異なりますが、『TeamViewer』は、接続の速さ(最も顕著な接続タイプであるインターネットを介した WAN のWindows同士の接続)やファイル転送速度といった測定可能なユーザー・エクスペリエンスにおいても高く評価されています。

『TeamViewer』は、テスト対象となった他のどのアプリケーションよりも多くのメガバイト/秒(MBps)のデータが転送可能で、圧縮可能なローデータを含む大容量ファイルを最速で転送できることが示されました。これは、オンザフライ圧縮ができない一部の他社製品とは対照的に、効率的な圧縮アルゴリズムを備えていることを示しています。

チームビューワーCTOのマイク・アイゼレは次のように述べています。「インターネット接続デバイスのサポートや管理は、B2B、B2Cアプリケーションともに益々重要になっています。多種多様なデバイスが登場し、それらを駆使した作業が主流になると同時に、ユーザーが求めるパフォーマンスレベルも高くなっています。つまり、ITツールまたはサービスプロバイダーは顧客満足度を維持するために、質の高いフィールドサービスやリモートサービスを提供することが不可欠となっています。今回の調査結果は、『TeamViewer』がユーザーに最も汎用性の高いリモートサポート、リモートアクセス、オンラインコラボレーションツールを提供するリモート接続ソリューションであることを証明したといえるでしょう。」

調査結果の詳細については以下をご覧ください。
https://www.teamviewer.com/ja/info/teamviewer-performance/

調査方法について
すべてのテストは、欧州、アジア、大陸間において、実際の高度に発達したビジネス環境をできる限り厳密に反映した状況で実施。様々なネットワーク(3G、WAN、LAN)やオペレーティングシステム(Windows、macOS、Linux、Android)で合計400項目以上をテストし、そのパフォーマンスを評価。


TeamViewer (チームビューワー)について
2005年ドイツで創業。同時オンラインデバイス数4500万で世界最大のアクティブユーザー数を誇るリモート接続ソリューション『TeamViewer』を提供するグローバルプレーヤー。約800名の社員で世界的に事業を展開、欧州、アフリカ、中東では既にトップシェアを持つ。2018年に日本法人「TeamViewerジャパン株式会社」を設立。https://www.teamviewer.com/ja/

Qualitestについて
世界最大の独立系品質保証会社で、自動化、信頼性、使いやすさ、AI、その他の技術革新などさまざまな分野を網羅した機能・性能調査を実施しています。テクノロジー、テレコム、エンターテイメント、AI、サイバー、ヘルスケア、金融、セキュリティ、メディア、小売などの業界全体で、テクノロジー要件を含め様々なサービスを提供。品質保証のリーダーとして、米国、イスラエル、イギリス、ウクライナ、インド、ルーマニアにオフィスを構え、グローバルに事業展開しています。過去4年間にわたり、「ガートナー・マジック・クアドラント」における唯一の先見性のある純粋な品質保証評価および調査会社として評価されています。

本プレスリリースは2019年12月12日ドイツで配信されたレポートの日本語版です。

カテゴリートップへ

注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
STARTUP×知財戦略バナー
IoTイベント(300x100)
ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム
アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ