このページの本文へ

運転を邪魔しない小型タッチ液晶付き360度カメラ+リアカメラのドラレコ

2019年12月14日 10時00分更新

文● 鈴鹿 廻 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 360度カメラとリアカメラを搭載した、サンコーのドライブレコーダー「3インチ360度ドライブレコーダー&リアカメラ」が発売。サンコーレアモノショップ秋葉原総本店にて店頭販売中だ。価格は1万9800円。

360度とリアカメラを組み合わせたドラレコで、小さめのタッチ液晶を備えている

 前方用に全方位を撮影できる360度カメラと、後方撮影用に画角80度のリアカメラを備えたドライブレコーダー。360度カメラだけでは車の後方が死角になってしまうところ、リアカメラでその弱点を補っている。また、視界の妨げにならない3型サイズの小型ディスプレーを採用しているところもポイントだ。

 360度カメラは1440×1440ドット(27fps)の映像を撮影可能。カメラの映像を確認できるタッチ対応の3型ディスプレーは、リアカメラと連動することで駐車時のバックモニターとして使うこともできる。

360度カメラは前方から横方向、車内までバッチリ録画。リアカメラで後方を撮影し、死角ゼロで録画できる
側面にはmicroSDスロットや給電端子を搭載。マウントは、角度などを容易に調整できる吸盤と、堅固に設置できる粘着テープから選べる

 録画メディアはmicroSDカード(128GB/Class10推奨)で、録画データのコーデックはH.264に対応。衝撃を検知してデータをロックするGセンサー、駐車中に衝撃を受けると録画を開始するパーキングモードといった、ドライブレコーダーの主要機能もカバーしている。


カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン