このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

各種ベンチマークソフトを使って実力をチェック

テレビが観れる17.3型ノートPCは高い基本性能でカスタマイズも充実 (1/2)

2019年12月13日 09時00分更新

文● 市川 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

富士通クライアントコンピューティングが販売する、Core i7-9750H搭載の17.3型ノートパソコン「LIFEBOOK WN1/D2」

 富士通クライアントコンピューティングが販売する、Core i7-9750H搭載の17.3型ノートパソコン「LIFEBOOK WN1/D2(テレビ機能搭載)icon」。試用機のスペックは16GBメモリー、約256GB SSD+約1TB HDDという構成で、光学ドライブにはBlu-ray Discドライブが内蔵されている。仕事など普段使いでも存分に活用できるほどのスペックと、充実したカスタマイズ性が魅力的なポイントだ。

 直販サイトの「富士通WEB MARTicon」では、試用機の価格は26万9580円だが、クーポンを使うと21万2968円で購入可能だ(12月12日現在)。

 前々回は外観、前回は使い勝手を取り上げたが、今回は各種ベンチマークテストを実施して、LIFEBOOK WN1/D2(テレビ機能搭載)iconの実力をチェックしていこう。

LIFEBOOK WN1/D2(テレビ機能搭載):ベンチマークのポイント

・一般的な用途や軽めの編集作業も可能なスペック
・FFXIVレベルのゲームなら設定次第で遊べる
・自分好みの理想的なモデルに構成できるのが魅力

一般的な用途や軽めの編集作業も可能なスペック

「CINEBENCH R20」の結果

 まずは、「CINEBENCH R20」を使用し、CPUとCPU(Single Core)の性能を計測してみた。CINEBENCH R20は、CGのレンダリング性能から独自のスコアを算出するソフトだ。計測したところ、CPUは1825pts、CPU(Single Core)は431ptsという結果になった。本機に搭載されているCore i7-9750Hは、6コア/12スレッドのノート向けCPU。これだけの性能なら、ウェブブラウジングや文書作成などの一般的な用途はもちろんのこと、軽めの画像/動画編集は快適にこなせるだろう。

「Time Spy」の結果

「Fire Strike」の結果

「Sky Diver」の結果

 次にグラフィック性能をチェックすべく、「3DMark 10」を実行したところ、DirectX 12対応のベンチマーク「Time Spy」は512、ハイスペックゲーミングパソコン用のベンチマーク「Fire Strike」は1291、ノートパソコン用のベンチマーク「Sky Diver」は5090という結果に。結果を見る限りだと高スペックの3Dゲームは厳しいが、SkyDiverはそこそこのスコアなので、低スペックのMMORPGやブラウザーゲームであれば快適にプレーできそうだ。

「CrystalDiskMark」 256GB SSDの結果

「CrystalDiskMark」 1TB HDDの結果

 ストレージの読み込み速度をチェックしてみよう。ストレージの速度を計測するベンチマークソフト「CrystalDiskMark」を使ってみたところ、256GB SSDのシーケンシャルリードは約1708MB/秒となり、高速な速度でデータを転送できる。一方、1TB HDDは約139MB/秒と遅めだが、大量のデータを保存できるメリットがある。なお、オプションで512GB SSDにも変更できるので、SSDの容量が気になる場合はそちらを検討してみるといいだろう。

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART
富士通
【300*80】 ascii 富士通 WEB MART 個人
  • 富士通
  • 富士通

製品ラインアップ

ノートブックパソコン/タブレット

  • 富士通 FMV LIFEBOOK NH
  • 富士通
  • 富士通 FMV LIFEBOOK UH
  • 富士通
  • 富士通 FMV LIFEBOOK MH
  • 富士通 FMV LIFEBOOK LH
  • 富士通 arrows Tab QH

デスクトップパソコン

  • 富士通
  • 富士通

その他の注目商品

  • 富士通