このページの本文へ

「NEDO AI&ROBOT NEXT シンポジウム」レポート第3回

人と協働するAIの基盤技術などを辻井潤一氏が語るAI&ROBOT NEXT

2019年12月12日 17時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 NEDO(国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構)が、2020年1月16日・17日に開催するシンポジウム「AI&ROBOT NEXT」に、産業技術総合研究所の辻井 潤一氏が登壇する。

 AI&ROBOT NEXTは、人工知能やロボット導入による新分野・産業での需要創出ならびに産業競争力自体の強化をゴールとして、それらに関連する研究成果の発表、実物やポスターセッションでの展示、また未来を展望するシンポジウム。

 辻井氏は、1月16日11時15分~12時00分に「AI for Society and Industry - 実世界で人と相互理解し協働できる人工知能に向けて」と題した基調講演を実施。人と共に働くAIのための基盤技術の研究開発と、研究開発を促進するためのエコシステムの構築について、今後の課題などを述べるとのこと。

 AI&ROBOT NEXTの開催日は2020年1月16日と1月17日(開場10時00分、閉場17時00分を予定)。会場はLUMINE 0(東京都渋谷区千駄ヶ谷五丁目24番55号 NEWoMan Shinjuku 5F)。入場料は無料(事前登録制)。

カテゴリートップへ

この連載の記事
注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
STARTUP×知財戦略バナー
IoTイベント(300x100)
ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム
アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ