このページの本文へ

10コア以上のメニイコアCPUに最適な簡易水冷クーラーはどれだ?-倶楽部情報局

2019年12月11日 18時00分更新

文● ASCII倶楽部編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アスキーの会員サービスASCII倶楽部では、会員の方だけが読めるさまざまな連載や特集が毎日更新中。

 本日は、ASCII倶楽部の人気記事「10コア以上のメニイコアCPUに最適な簡易水冷クーラーはどれだ?」を紹介します。


 第3世代Ryzenシリーズのおかげで、グッと身近になったメニイコアPC自作。誰でも、気軽に組めるようになったが、忘れてならないのがコア数とともに増加している発熱への対策だ。

 実際、Ryzen 9 3900Xに付属しているAMD謹製CPUクーラーのWraith Prismで高負荷作業を実行するとCPU温度は80度台まで上昇する。

 しっかり冷却できており、熱による性能低下は見られないが、冬が間近な18度前後の室温を考えると、夏を過ごすには不安が残るのは確か。

 冷却と静音性に定評のあるnoctuaから登場している人気大型空冷CPUクーラーの「NH-D15」や「NH-U12A」に置き換えるのもアリだが、それより高い冷却性に加えて、CPUブロック部にLEDイルミネーションを備えたカッコいい見た目が魅力の簡易水冷キットの導入のほうがおすすめだ。

メニイコア自作を身近にした最大16コア/32スレッドを実現したRyzen 9シリーズ

6万5000円前後で、12コア24スレッドを実現する「Ryzen 9 3900X」。発売以来品薄で、若干数の再入荷、売り切れを繰り返している

Ryzen 9 3900Xに付属するWraith Prism。最大回転数に近い2600~2900rpmで騒音値は40dBAを切る。静音性はまずまずと言える

人気CPUクーラーのnoctua「NH-U12A」。1万3000円と高価だが、冷却性能と静音性に定評がある

注目の大型ラジエーター搭載の簡易水冷

 CPUの熱で温まった冷却水の熱を放出するラジエーターは、当然大きいほうが放熱効率がアップすることになる。数年前ならラジエーターがPCケースに収まらないという事態が多かったが、5インチベイが廃されPCケース内部をみせる方向にシフトした最近のPCケースなら、多くのミドルタワーが120mmファン×3の360mmサイズラジエーターに対応しており、コンパクトタイプのミドルタワーでも、140mm×2の280mmサイズを搭載可能になっている。

 物理12コアや16コアのマシンを容易に組めるようになったこれからは、280mm&360mmラジエーター採用モデルに狙いを定めて選ぶのがいいだろう。

上から240mm、280mm、360mmサイズ。意外と280mmラジエーターのフィン面積が大きいのがわかる

売れ筋の6社9製品を集めて性能をチェック

 280mm、360mmサイズのラジエーターを採用する売れ筋、定番の簡易水冷キットを集めて、実環境で冷却性能と、騒音値を試していこう。


 続きは「10コア以上のメニイコアCPUに最適な簡易水冷クーラーはどれだ?」でお楽しみください。

 なお、こちらの記事の続きを読めるのはASCII倶楽部会員の方限定です。

 ASCII倶楽部には、今回紹介した記事だけでなく、PCやスマホ、カメラ、テレビ、オーディオなどの会員だけが読める連載が更新されております! さらに、週刊アスキー 電子版の最新号から過去4年ぶん以上のバックナンバーが読み放題となっております。

会員制読み放題サービス
ASCII倶楽部(アスキークラブ)

■利用料金
月額 税込1080円
※毎月1日~末日までの利用料金として

■支払方法等
●クレジットカード
* VISAカード/MasterCard/アメリカン・エキスプレスカード/JCBカード
●auかんたん決済
●ドコモケータイ払い
●Amazon アカウント
※auかんたん決済、ドコモケータイ払いを選択された方は、3日間無料キャンペーンをご利用いただけません。 ※ご利用になる決済機関によって決済時期及び決済方法が異なります。
それぞれの決済機関が定める利用規約等をご確認ください。

■提供時期
月額利用料金の支払い後、すぐに利用可能。

■推奨環境 <端末・ブラウザ>
【PC】
・OS
Windows 7 以上 , Mac OS X 10.10以上
・ブラウザ
(Windows)Internet Explorer 11※Edgeは除く , Google Chrome最新版 , Firefox最新版
(Mac)Safari最新版
【スマートフォン】
・OS
iOS 8 以上 , Android 4.x以上
・ブラウザ
(iOS)Safari
(Android)Google Chrome

URL ASCII倶楽部

カテゴリートップへ

週刊アスキー最新号

  • 週刊アスキー特別編集 週アス2020January

バックナンバー

  • 週刊アスキー特別編集 2020 冬の超お買物特大号

注目ニュース