このページの本文へ

肉食系グルメアーティストkazukazuの肉と米と絶妙マリアージュ!第20回

「スタミナカレーの店」で食べてきました

神戸三宮のガッツリ系「肉盛りカレー」専門店で味わう最高のスタミナ飯

2019年12月09日 17時00分更新

文● kazukazu 撮影●kazukazu 編集●ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 こんミンチは!肉食系グルメアーティストのkazukazuです。お米片手にがっつりとお肉メニューを紹介する「肉食系グルメアーティストkazukazuの肉と米と絶妙マリアージュ!」。

 連載20回目は、関東を飛び出して神戸三宮に進出!

 2019年11月25日にグランドオープンした肉盛りカレー専門店「スタミナカレーの店」さんに肉撃です。

「神戸三宮」駅にほど近いショッピングモール「三宮センタープラザ」の地下に新しくオープンした「スタミナカレーの店」。

 同店のコンセプトは、“やみつきになる肉盛りカレー”。

 豚バラやホルモン、牛すじなどボリュームたっぷりの“肉盛り”と、秘伝のスパイスを効かせたコク旨ルーを合わせたスタミナたっぷりのカレーライスを楽しめるお店となっています。

 ありそうであまりない、“カレー&スタミナ飯コラボによるガッツリ系メニュー”。こんな夢のようなメニュー、肉食系グルメアーティストとしては放っておけません!

豚バラ、レバニラ、麻婆豆腐などをカレーにオンできる!

 メニュー構成がこちら。

「豚バラ」「ニラ玉」「レバニラ」「麻婆豆腐」「タンタン」などをカレーにのせられます。

 定番メニューである「豚バラスタミナカレー」は、並盛690円(税込)、肉1.5倍盛で840円(税込)、2倍盛で990円(税込)。

 ご飯はデフォルトで300g。プラス200円でルー増し+ご飯400gの大盛、プラス400円でルー増し+ご飯500gの特盛にすることができます。

 また、「豚バラスタミナカレー」以外に、「ニラ玉カレー」「レバニラカレー」「麻婆豆腐カレー」「タンタンカレー」なども揃えていて、いかにもスタミナが付きそうなメニュー内容。

 そして何よりも嬉しいのが、その全てのメニューに生玉子をいくらでものせ放題という大盤振る舞い!

 んー、想像するだけでスタミナがついてきそう(笑)。

定番は「豚バラスタミナカレー」
特盛で食べてみました

 どれにしようか悩むところですが、とりあえず定番メニューを注文してみました。

目の前で豚バラを焼き上げてくれます。

 店内はオープンキッチンになっているので、豚バラ肉が豪快に焼き上げられる様子を目の前で拝見することができます。

 「じゅじゅじゅぅう~」

 っと、豚バラを焼き上げる音!

 そして、舞う蒸気と共に漂ってくるおいしそうな香り!

 待っている間に、視覚・嗅覚・聴覚で食欲を刺激してきます。ライブ感があって最高ですが、「早く食べたいー!」という衝動を耐えるという意味では生き地獄(笑)。それくらい、調理中からそそられるんですよ。

 耐えること5分ほどで注文の品がやってきました。

 「豚バラスタミナカレー (肉1.5倍盛り・特盛)」(税込1240円)。

 どーん!

特盛で頼みました。

 500gの白米の上にたっぷりとかかる欧風カレールー400g。

 その上に、目の前で焼き上げてくれた1.5倍盛りの豚バラ肉。ボリュームたっぷり。

 ど真ん中に鎮座する生玉子!

生玉子のせ放題! 玉子3つものせちゃいました

 「豚バラスタミナカレー」は、提供された状態でも十分においしそうですが、同店は「生玉子のせ放題」。

玉子を追加してのせられます。

 というわけで、

ジャーン!

 生玉子2つ追加の計3つにしてみました!

玉子を3つのせたスタミナカレー。壮観です。

 スタミナ盛り盛りの見た目で、目の当たりにしたら自然と笑顔になっちゃうYoー!

 それでは、いただきまーす!

 早速、一口。

 カラウマー!

 オリジナルのカレーベースに秘伝のスパイスと店主さんこだわりの隠し味を効かせたというルーは、辛さの中にしっかりとした旨味とコクが感じられて美味な仕上がり!

 豚バラ肉は甘辛く味付けされており、適度な肉感。お肉単体で食べてもおいしいのはもちろん、カレーとのマッチングもばっちり!

 こりゃ、白米すすむー!

でろりぃ~ん

 さらに、生玉子をでろりぃ~んと崩して卵黄のまろやかさを加えれば、

 カレールー・豚バラ・卵黄・白米による超絶マリアージュ!

 “カレーライス”という概念を超えて、カレーをかけたスタミナ飯というイメージです!

 あまりのおいしさに、息つく暇もなく食べてしまい、あっという間に完食です。

「麻婆豆腐カレー」は辛党にオススメ

 「大盛り豚バラスタミナカレー」をいただきましたが、まだまだ余力があるのでもう一つのオススメも注文してみました。私、ハンバーグ王子kazukazuの胃袋は、おいしいものならドンドンいけます!

 「麻婆豆腐カレー(特盛)」(税込1190円)。

 またもや特盛で頼みましたよ(笑)。

カレーと麻婆。どちらがメインとなるのでしょうか。

 カレーライスの上にたっぷりとかかる麻婆豆腐!

 カレーと麻婆豆腐がコラボしちゃうなんて!

2品目の特盛を食します。

 2品目も笑顔いっぱいでいただきまーす!

 一口いただいてみると、コクがあるカラウマなカレーにあわさる、麻婆豆腐の刺激的な辛味!

 辛さと辛さが合わさったことで、一口食べるごとにじんわりと汗をかくほどに。なかなかに刺激的。辛いですが、これはこれで癖になるー!

卓上の調味料でさらに「辛さ増し」もできちゃう

 辛いものが苦手だったらスプーンが止まってしまうほどの「麻婆豆腐カレー」。辛味を軽減する為に生玉子を投入するのもありだけど、いやいや肉食系グルメアーティストはこのせっかくの辛さをより楽しむためにさらに攻め続けますよ。

卓上の調味料は自由に使えます。

 というわけで、手に取ったのは生玉子ではなく、卓上に置いてある「秘伝のラー油兄さん麻辣油」。

 これを投入して、さらに辛味アーップ!

……うっ!

 ぐはー! 辛ーい!

 ……けど、旨ーーーーーい!!!!

 旨いけど辛い、辛いけど旨いと、ヤミツキになってスプーンが止まらない!

 大量の汗をかきながら爽快な気分で完食しました。クセになる~!

「スタミナカレーの店」は男の中の男めしでした

 珍しい肉盛りカレー専門店「スタミナカレーの店」。店名に偽りなしの、まさに“スタミナチャージできちゃうカレー屋”さんでした。

 カレー屋さんというよりは、“カレーをかけたスタミナめし屋さん”というイメージのほうがしっくりくる気がします。まさに男の中の男めしで、学生からサラリーマンまで虜にすること間違いなし。

 皆さんもぜひ神戸に訪れた際はここ「スタミナカレーの店」で“華麗”にスタミナチャージしてみてはいかがでしょうか!

 あ、いや、“カレー”だけにね。

 ………………………(シーン)。

 そっ……、それではまた次回、Let’s MEAT again!



<店舗情報>
「スタミナカレーの店」
住所:兵庫県神戸市中央区三宮町1-9-1 三宮センタープラザ B1F
営業時間:11時~21時


kazukazu

「一日一バーグ」をモットーに年間400バーグ以上を食す日本一ハンバーグを食べ歩くハンバーグブロガー。日本ミンチ協会ハンバーグ王子。であると同時に様々な肉グルメを追い求めて全国を駆け巡る肉食系グルメアーティストとしても活躍。今の肉グルメ界において欠かすことのできない「肉人」のひとりでもある。

・ブログ:ハンバーグブロガーkazukazuの鉄の胃袋
・Twitter:@daizunokimochi
・Instagram:@kazukazu_hamburg

カテゴリートップへ

この連載の記事
ピックアップ
もぐもぐ動画配信中!