このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

1億画素カメラスマホが日本上陸! シャオミ「Mi Note 10」の実機をレビュー

2019年12月09日 18時00分更新

文● 中山 智 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

スペックはハイエンドではないが
ゲーム向けSoCを採用し、3Dゲームも苦手ではない

 プロセッサーはSnapdragon 730G。ハイエンドの800番台ではないものの、ゲーミング向けにネットワークの最適化がされ、ゲームプレー時はフレームレートの低下を低減させるなどの機能が強化されたモデルなので、3Dゲームなども快適に遊べる。メモリーは6GBで、内蔵ストレージは128GB。一般的なスマートフォンとしては十分過ぎるが、microSDには非対応なため、1億800万画素の写真を大量に撮ることを考えると、ある程度ストレージの管理は必要になりそうだ。

デュアルSIM仕様だがmicroSDには非対応

本体右側面に電源ボタンなどを配置

 各種ベンチマークアプリの結果は下記のとおり。Snapdragon 855などの最新ハイエンドのモデルと比べるとやや落ちるものの、前モデルのSnapdragon 845よりは高いスコアを計測しており、動作などに関しては不満なく使うことができそうだ。

AnTuTu Benchmark

Geekbench 5

3DMark

 USBはType-Cで本体底面に配置。その隣には3.5mmのイヤホンジャックも用意されている。最近はBluetoothのイヤホンが一般的ではあるが、ワイヤレスイヤホンは遅延が気になるというゲーマーにはぴったり。バッテリーは5260mAhで容量もかなり大きい。

本体底面にイヤホンジャックも装備

指紋認証はディスプレー埋め込み型

 突出したカメラ性能とバランスのとれた基本スペックを持つシャオミ「Mi Note 10」。2019年最後にはなるが、「今年の1台」の筆頭候補にあげても問題ないスマートフォンだ。


■関連サイト

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン