このページの本文へ

始めるならいまだ! ロマサガRSプレイ開始1周年の筆者、ロマサガRS1周年祭に行く

2019年12月06日 22時00分更新

文● 林佑樹 編集● ジサトラハッチ/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 2019年11月30日、都内新宿においてスクウェア・エニックスの「ロマンシング サガ リ・ユニバース」1周年祭が開催された。同タイトルは、2018年12月6日にサービスインしたスマホベースのRPGになり、本稿掲載付近で1周年になる。

イベント会場にもあった全滅の文字

入口にあった1周年な撮影スポット

 ロマンシング・サガ3から、300年後の世界を舞台にしており、サガシリーズのキャラクターが登場するお祭りゲー的な側面もアリ。つい先日、ストーリー1章が終わり、2020年から新章がスタートする模様なのだが、ウンディーネ派とボルカノ派は仲良くして欲しい限りである。難易度の面でも、ロマンシング・サガ的だ。

 強くなったと思っても、みじん斬りやファングクラッシュで即死するかと思えば、サクッとクリアできたりと、ロマンシングだ。ともあれ、カジュアルに全滅の文字と遭遇する。それゆえ戦略性もあり、特定のキャラクターがいないとダメなことなく、育成要素も込みで高い人気を得ていると思われる。

 個人的には、編成が決まってくると、別作業をしながらAUTO周回できるが人気要素じゃあないのかと思うのだが、ともあれ会場の様子をレポートしていこう。

1周年イベントは開催中

 会場は、新宿のイベント会場で開催された。会場にはサガステージの衣装展示や、歴代サガシリーズのパネル、小林神の原画(編注・イラストレーター・小林智美氏のこと)、フード、グッズ販売があった。歴代サガシリーズのパネル展示では、ゲームハードとパッケージが展示されていたほか、プレイ画面も流れていた。

「SaGa THE STAGE〜七英雄の帰還〜」の衣装展示

気になっていた細かい装飾をチェックできた

1989年からのサガタイムライン

 サガシリーズは、1989年12月15日に発売された魔界塔士Sa・Gaから始まり、2019年12月15日で30周年になる。我々が、かみをチェンソーで真っ二つにしてから30年だ。直近には、いまなおRTAが盛んなロマシング・サガ3のリマスター版がリリースされているし、新作が進行中であるような話も以前の生放送で開示されている。

 思い入れのあるタイトルは、もちろん人によって異なり、パネルのあちこちをガン見するファンが目立った。なおRTAが気になる人は、おやつ先生をチェックだ(https://www.youtube.com/results?search_query=おやつカンパニー)。

魔界塔士Sa・Gaからロマンシング・サガ2までは、1年ごとのリリースだった。いま思うとハイペースすぎる

実機

個人的に「アンリミテッド:サガ」が大好きである。プレイに当たっては別売り説明書がないと大変なのだが。次に「Sa・Ga2 秘宝伝説」「サガ フロンティア」

ロマサガRSの告知画面に、せんせいらしき姿があった

原画展示コーナー。ロマサガRSのロード画面でもお目にかかれるが、原画には、また別のパワーがある

フードは1周年祭オリジナルメニュー

「“グシンシーの”作ってやったよ、ホットドッグ」。グシンシーの名の由来は新宿からなので、開催場所的な選定だろう。なお見た目よりもさっぱりした味付けで、食べやすかった

フードは500円ごとにコースターを得ることができ、その場で開封するガチャ的なシステムだった。写真は筆者の結果。隣の人はブルー×3だった

先行販売されていた回転キーホルダー。アセルスと白薔薇、ロックブーケを購入した

陣形マグネットコレクション。10種類あり、会場ではひとり5つまでの制限があったのだが、開封して中身が分かるタイプだ

ひらめきクッション、トートバッグ

2020年以降の発売予定として、閃きセンサーライトとブランケット3種が参考出展されていた

 イベントについては、配信アーカイブがあるのでかいつまんでいくが、イベントに合わせてメンテナンスが実施されたため、サービスインからみて、はじめてプレイヤーたちが再戦ボタンを押しながら見ない放送でもあった。ユーザー代表状態だった声優・杉田智和氏と河津神(サガの生みの親・河津秋敏氏)、イトケン、およびMC岸田メル先生のトークはとても近い位置で大変楽しく感じられるハズだ。

 ミニライブと書かれていたのに、90分近い演奏となったイトケンライブが最高でもある。配信でもフルに楽しむことができるため、未視聴であれば、ロマサガRSをプレイしながらチェックしてほしい。また各種イベントについてもアーカイブで確認可能だが、オフィシャルサイトでも確認可能だ。

 今後の実装予定としては、なくてもいい意見が強かったギルドが実装されるのだが、これまでとくに他のプレイヤーと関わることなく、のほほんと遊べたタイトルだけに、あまり他者の介入のない仕様になりそうだ。

ミニライブ中の様子

 さて、1周年ということでゲーム内では多くのイベントが開催、及び予告されているほか、新規プレイヤー向けの施策も多く、始めるタイミングとしてほどよい。

 段階的な難易度調整も何度が実施されており、サービスインよりも楽(おそらく)にストーリーを進めやすくなっている。もちろん、難易度ベリーハードといった高難易度クエストは別だが。

 ちなみに長く遊んでいるプレイヤーに、どこそこがクリアできないと相談しても、高い確率でどうやって打破したか覚えていないので、試行錯誤で打開しよう。全滅は友達だ。

始めた時点から過去の特典と、1周年関連の特典が付与されるため、戦力増強がとてもやりやすくなっている

上記キャンペーンの期間中なので、さらにスタートしやすい

筆者の状況はというと、ようやくアセルスさまのHPがトータルで900になったくらい

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ