このページの本文へ

サイズ「手裏剣弐」

高さを抑えたトップフロー型CPUクーラー「手裏剣弐」

2019年12月05日 23時33分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 サイズから、高さを抑えたトップフロー型CPUクーラー「手裏剣弐」(型番:SCSK-2000)が発売された。

高さを抑えたトップフロー型CPUクーラー「手裏剣弐」(型番:SCSK-2000)

 94(W)×93(D)×58(H)mmと高さを抑えたトップフロー型CPUクーラーの新製品。ニッケルメッキ処理を施した4本の6mm径ヒートパイプを採用したヒートシンクに、16mm厚の92mmPWMファン「KAZE-FLEX 92 SLIM PWM」(回転数300~2500rpm/ノイズ1.8~23.2dBA/風量4.96~41.3CFM)を搭載する。

クーラー本体の上からマザーボード方向へ風を当てるトップフロー式で、VRMなどソケット周辺の冷却が可能としている

 対応CPUは、LGA 775/1151/1150/1155/1156/1366、Socket AM2/AM2+/AM3/AM3+/FM1/FM2/FM2+/AM4。CPUの固定には、ヒートシンクのベース部分にメタルバーを渡すブリッジ方式のリテンションシステムを採用する。

小型のシステムにもぴったりなトップフロー型CPUクーラー。25mm厚ファンに換装することも可能だ

 価格は3891円(税抜)。ツクモパソコン本店、ツクモDOS/Vパソコン館、TSUKUMO eX.で販売中だ。

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中