このページの本文へ

AREA「Ragno 3」

4K入力対応のフルHDキャプチャーカードがエアリアから

2019年12月04日 22時43分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 エアリアから、4K入力に対応したフルHDキャプチャーカード「Ragno 3」が発売された。インターフェースは、PCI Express x1対応で内蔵型の製品だ。

4K入力に対応したフルHDキャプチャーカード「Ragno 3」。TVゲームをプレイしながら録画が可能になる

 PCのほか、PS4、PS4 ProやXbox 360、Xbox One、Wii Uで動作確認済みで、HDCP保護コンテンツを除くゲーム映像を録画できるフルHDキャプチャーカード。最大入力解像度は3840×2160ドット、最大録画解像度は1920×1080ドット、入力フレームレート約24/25/30/50/60fpsで、録画コーデックはH.264(AAC)でファイル形式はMP4/AVI、静止画はJPEGで保存される。

入出力はHDMI入力とHDMIバイパス出力を装備。ロープロブラケットも付属し、小型PCでも利用できる

 そのほか、キャプチャーソフトは映像を自動検知し、画質優先で最適な解像度を自動選択してくれるため、ワンクリックで録画を開始できるとしている。

 価格は1万5273円(税抜)。パソコンショップアークやツクモパソコン本店、TSUKUMO eX.で販売中だ。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中