このページの本文へ

三菱電機、中国勢に屈して太陽光発電システムの生産から撤退へ

2019年12月03日 06時00分更新

文● ダイヤモンド編集部,大根田康介(ダイヤモンド・オンライン

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
太陽光パネル
海外メーカーに押されて国内メーカーは苦戦を強いられている Photo:PIXTA

トップ10のメーカーも
もはや八方ふさがり

 三菱電機は来年度末に、太陽光発電システムの製造・販売から撤退する。同社の太陽光発電システムには、発電するための太陽光パネルのほかに、発電した電気を家庭で使えるようにするパワーコンディショナ、接続箱といった周辺機器があるが、これらすべてで自社ブランドを廃止する方針だ。

 同社はなぜ、太陽光発電システムの生産撤退を余儀なくされたのか。

 実は、三菱電機に限らず、日本メーカーによる太陽光発電事業は窮地に立たされている。原因の一つは、中国メーカーの参入である。

 太陽光パネルには、住宅の屋根に取り付ける「住宅用」と大型発電所に用いられる「産業用」がある。2012年に再生可能エネルギーで発電した電気を買い取る固定価格買取制度(FIT)が始まり、特に産業用の太陽光発電が急速に普及した。それまで日本では住宅用が主流で、14年までは世界でもシャープ、京セラが生産量でトップ10入り。そこに三番手として、三菱電機やパナソニックといった日本メーカーが食らいついていた。

 だがFIT開始後、産業用に海外勢、特に中国メーカーが多数参入。15年以降は一度も日本メーカーがトップ10入りすることなく、中国勢が世界シェアの半分以上を占めるようになった。

 三菱電機は産業用と住宅用の両方を扱っており、広報によると、太陽光発電システムの全社の売り上げに占める割合は非公表だが、住宅用と産業用で半々だった。国内メーカーの中でも、首位グループとは大きな隔たりがあったとみられ、“規模の利益”が発揮できなかったのではないかとみられる。撤退しても業績面での影響は限定的になる見通しだ。 

トップ10のメーカーも
もはや八方ふさがり

 業界首位の京セラも苦境に陥っている。19年3月期の売上高1兆6237億円、営業利益948億円のうち太陽光発電事業を含む生活・環境部門の売上高は801億円で、前期よりも321億円も減少した。主な理由が、太陽光パネルの出荷量が前期比約40%減となるなど、太陽光発電事業の売り上げが減少したことだ。

 部門損益に至っては、生産拠点の集約などで原価低減に取り組んだものの、670億円の赤字となった。長期購入契約を結んだ海外企業から、固定価格で調達した太陽光パネルの原材料に関して、中国産の原材料価格が急激に下がった影響で、評価損が発生。このため、長期購入契約を見直しし、海外企業に対し和解金を支払ったことなどが主因だ。

 市場環境が厳しさを増す中で、三菱電機に対する逆風はさらに厳しかった。「強みとしてきた製品の長期信頼性や狭小屋根への設置性などに対する市場評価が相対的に低下」(同社リリース)したことで、今回の生産撤退を決めた。

 価格競争力を武器に攻勢を強める中国メーカーとの競争に加えて、国内の市場自体の伸び悩みも、日本メーカーに重くのし掛かる。

 住宅用とは別に市場を牽引していた産業用については、業界関係者から「日本国内でこれ以上、産業用太陽光発電所の開設は難しいのではないか」という声も上がっている。産業用が急速に普及し、適した土地がほとんどなくなっているからだ。

 住宅用にしても、かつてより導入コストはかなり下がったが、イニシャルコスト(初期費用)の高さがネックになっており、導入への心理的ハードルとなっている。その上、コスト競争では中国勢にはとてもかなわないのが現状だ。

 縮小する国内市場に激化するコスト競争──日本メーカーを取り巻く環境はもはや八方ふさがりだ。

今後は京セラと連携
製品保証は継続

 三菱電機は今後、再生可能エネルギーを有効活用するZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)、ZEB(ネット・ゼロ・エネルギー・ビル)、V2X(車車間通信、自動車間で情報をやりとりする技術やシステム)などに注力し、低炭素社会の実現に向けた統合ソリューション提案を強化するという。

 ここでいう「ネット・ゼロ・エネルギー」とは、例えば住宅なら断熱性や省エネルギー性能を上げたり、太陽光発電などでエネルギーを創ったりして、空調・給湯・照明・換気などの年間消費エネルギー量の収支をプラスマイナスゼロにすることを指す。

 この中で必要となる太陽光発電システムに関しては、京セラと連携しサービス提供していく方針を示している。

 さらに気になるのは、今後の太陽光パネルの製品保証だ。

 通常、FITが終わる20年間で、太陽光パネルの製品保証の期間が設定されている(周辺機器は別)。中には25年保証を売りにするメーカーもあり、三菱電機も25年保証を掲げている。

 今後の保証について顧客からの問い合わせがあったようだが、「条件に基づいて個別に相談しながら保証を実施していく」(同社広報担当者)としている。

(ダイヤモンド編集部 大根田康介)


※本記事はダイヤモンド・オンラインからの転載です。転載元はこちら

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ