このページの本文へ

5分で解説! あなたとスマホは狙われている第36回

ユーザーネームと利用状況が紐づいていると……

匿名で利用していたはずの違法サイトから個人情報が流出!?

2019年12月05日 07時00分更新

文● せきゅラボ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
入力した個人情報はユーザーネームとメールアドレスのみですが……

・違法サイトに匿名でユーザー登録して楽しむ人たちは少なくない。
・しかしそのサイトの運営管理がずさんだと、ユーザーネームと個人情報が紐づいて個人を特定されてしまう恐れも。
・違法サイトには近づかない&匿名を過度に信頼するのはNG。

違法サイトに匿名で会員登録して楽しんでいたら……

 違法にコピーした漫画やドラマを著作権者に無断で公開している海賊版サイト。国内では巨大海賊版サイトの運営者とみられる人物が逮捕されたばかりですが、海外にはまだまだ多くの海賊版サイトが残っており、未だ人気を博しています。

 そしてそれらのなかにはユーザー登録することで、利便性の向上、動画の違法共有(アップロード/ダウンロード)、そしてその共有履歴が確認できたりする権利が付与されるサイトも少なくありません。本名を入力する必要はないので適当なユーザーネームで登録し、違法と知りながらも匿名性の陰に隠れて作品を楽しんでいる人たちは多いようです。

 とはいえ、その匿名性がいつも万全とは限りません。

じつはユーザーネームと個人情報が紐づいていた!

 実際、とある海賊版サイトでは内部データが閲覧できる状態になっており、しかもユーザー登録の際に使ったメールアドレス、海賊版サイトの使用履歴、スマートフォンの位置情報などが、ユーザーネームと紐づいたかたちで保存されていました。

 つまり、個人がある程度特定できてしまう情報の塊が公開されていたと言ってよいでしょう。もし、悪意ある人たちがその海賊版サイトの内部データをコピーしていたら、特定できた個人に対して、「映像作品を海賊版サイトに提供した事実や、海賊版サイトの使用履歴をバラされたくなかったら……」と脅迫行為に及ぶ可能性も否定できません。

 対策は、違法なサイトを利用しないのはもちろんのこと、匿名をうたっていてもWebサービス側の管理がずさんだった場合、たやすく身元が判明してしまうことも覚えておきましょう。『万が一、学校や勤務先に知られたらクビになるかも』と思うような場所には極力近づかないことが安全の第一歩です。

カテゴリートップへ

この連載の記事

5分で解説! あなたとスマホは狙われている

悩める一児の親が子どもと一緒にスマホ管理に挑戦! 「セーフ ファミリー」体験記

マカフィーバナー せきゅラボ研究結果

マカフィー リブセーフって何ができるの?


マカフィーバナー スマホとPCをサイバー攻撃から守る術

マカフィーバナー セキュリティ被害はあなたの半径1m以内でも起きる