このページの本文へ

アイコス所持で罰金80万円も!タイで加熱式タバコが禁止される理由

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

タイにアイコスを持ち込んだら高額罰金を科されたという、日本人には驚くようなニュースがたびたび出る。紙巻きタバコや、健康被害で悪名高くなった電子タバコに加えて、なぜタイ政府はアイコスなどの加熱式タバコも禁止するのだろうか?

電子タバコは一切ダメ!
タイの厳しい規制

タイで販売されているタバコのパッケージ
箱全体の85パーセントを衝撃的な写真や警告文が覆うタイのタバコ。電子や加熱式タバコは全面禁止という厳しさである

 電子タバコ(Vape)の規制が世界的に進んでいる。タイやシンガポール、ベネズエラなどに加えて、インド、アメリカなど大国も禁止方針を打ち出すなど、禁止の流れが加速しつつある(ただしアメリカは、来年の大統領選挙への影響を考えたトランプ大統領が、一転して電子タバコ禁止に後ろ向きになったとの報道も出ている)。

 一方、電子タバコの身体への害が話題となる前から、一貫して厳しく規制していたのがタイだ。タイの電子タバコ禁止条例は、2014年12月27日に発令され、2017年からは加熱式タバコも含まれており、タイ国政府観光庁が日本語公式サイトでも注意を呼びかけている。

 その認識がなくアイコスをタイへ持ち込み、4万バーツ(約14万3000円)の罰金を払った例もある。

 たとえアイコスを吸わずに所持しているだけでも違反となり、最高で10年の懲役、または最高50万バーツ(約180万円)の罰金のいずれかが科されるという厳しいものだ。現実的には懲役はなく、罰金のみというケースが大半で、日本円で22万バーツ(80万円近く)の罰金を払ったというケースも報じられている。

 また、紙巻きタバコに関しても、タイの規制は厳しい。喫煙所以外での屋外喫煙、吸い殻のポイ捨への罰金に加えて、飲食店内では喫煙禁止。さらに今年に入って、スワンナプーム国際空港やドンムアン空港の喫煙所も撤去されるなど、愛煙家は肩身が狭い。

喫煙者は逮捕される!?
8月から仰天法律が施行

屋外やエアコンがないローカル食堂では、紙巻きタバコの喫煙ができることも

 タイの喫煙関連での罰金について、タイ在住のライター高田胤臣氏はこう語る。

「厳密には、路上喫煙は禁止ではないですが、禁煙エリアではダメです。その場合5000バーツ(約1万8000円)の罰金になります。街中のポイ捨ては2000バーツ(約7200円)の罰金。特定エリアでのポイ捨て(たとえば川とか水辺が特に)は1万バーツ(約3万6000円)の罰金。これらは、いずれも最大ですので、警察官の裁量で数百バーツにまで下がることも珍しくないです。最近は、公共施設、空港は全面禁煙ですし、エアコンが効いた飲食店、商業施設もダメですね。日本より数段、厳しい印象です」(高田氏)

 タイのタバコは、アルコールのような販売規制はなく24時間買うことはできるものの、広告は全面禁止されている。さらに特徴的なのは、タバコのパッケージの警告を、箱全体の85パーセント表示することが義務付けられている点だ。全体の85パーセントは世界一の比率である。しかも、日本のような警告文のみではなく、目を覆いたくなるグロテスクな写真のインパクトがすごい。フィリピンなども同様のグロテスクな写真を大きく載せている。

 現状でもタバコへの規制が厳しいタイは、さらに規制を強める動きを見せている。

シャッターで隠されているタバコ(バンコクのセブン-イレブン)

「今年8月末から副流煙による健康被害が医師により認められた場合、喫煙者を逮捕できるような法律もできました。まあ、証明できないから逮捕されることはないでしょうけど」(同上)

 タイのタバコは、コンビニエンスストアなどのレジ奥に陳列されている。置いてある場所は日本と同じであるが、違いはシャッターのようなものでタバコを覆い隠している点だ。タバコが欲しいと伝えると店員がガラガラと開けて、初めてタバコが姿を表す。

 タイ人に言わせると、グロテスクな写真があっても禁煙効果はあまりないと笑う。タバコは個人商店でも普通に買えるので、タイの愛煙家たちはあまり規制がきついとは感じていないようだ。

タイの電子タバコ規制は
なぜこんなに厳しいのか?

 一方で、規制とともに販売価格も上昇しており、この10月の値上げで「マルボロ」などの外国産タバコは日本と大差がなくなった。しかし、国産タバコは概ね半額ほどで、価格差が大きい。

 タイがここまでタバコへの規制を厳しくする理由は諸説あるが、水タバコへの根強い警戒心があると前出の高田氏は指摘する。電子タバコは、水タバコのようにフレーバーという大量の煙を楽しむタイプもあるので、水タバコの派生品として規制へ動いたとみられる。

 さて、日本ではニコチン入りの電子タバコが薬機法(旧薬事法)で禁止されているため、電子タバコは販売されておらず(個人輸入は合法)、タバコの葉っぱを、火を用いず加熱して喫煙する加熱式タバコが販売されている。

 アイコスもグローもプルームテックも、加熱式タバコなのだ。しかし、これらを電子タバコと混同している人が多い。

 世界的な電子タバコの規制の流れと並行し、紙巻きタバコよりも電子タバコは健康に悪いというイメージも広がりつつあるためか、アイコスを販売する「フィリップ・モリス・ジャパン」やプルームテックを発売する「日本タバコ産業(JT)」は、加熱式タバコと電子タバコはまったく異なるものだとPRを強めている。

 しかしながら、加熱式タバコは、世界的にはマイナーな存在。電子タバコとセットとしてタイのように規制している国も増えていることから、渡航先の情報をよく調べて、高額罰金を払うような事態は避けたいところだ。

(筑前サンミゲル/5時から作家塾(R))


※本記事はダイヤモンド・オンラインからの転載です。転載元はこちら

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ