このページの本文へ

武田薬品が誇る新薬候補、12製品中「自社創製はたった2品」の寂しさ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
武田薬品が「売上高1兆円の新薬候補」の大風呂敷に一抹の寂しさ
クリストフ・ウェバー社長兼CEO Photo by Masataka Tsuchimoto

アイルランドのバイオ医薬大手シャイアーの巨額買収で今年遂にメガファーマ(巨大製薬会社)入りした武田薬品工業。メガファーマとして初のR&Dデーで「100億ドルを超えるポテンシャル」と強調した開発中の12製品のほぼすべては他社由来だった。良くも悪くも“新生タケダ”の船出を象徴していた。(ダイヤモンド編集部 土本匡孝)

「タケダの未来の基礎になる」と
感謝祭を前に収穫を喜ぶ外国人経営陣

「とてもエキサイティングに感じている」「我々は自信を持っている」「戦略が功を奏している」――。

 国内製薬トップの武田薬品工業が11月21日に東京で開いた「R&D(研究開発)デー」。米国のサンクスギビングデー(感謝祭)を翌週に控え、外国人首脳らからまさに“収穫”に感謝する発言が続いた。もちろん農作物に対してではない。武田薬品が近年実施してきた数々の企業買収、パートナリングでもたらされた有望な新薬候補に対してだ。

 武田薬品はこの日、2020~24年度を承認目標とする有望な新薬候補12製品14効能を「ウェーブ1」と名付けて発表した。各品目ピーク売上予想の合計は「保守的に見積もって、100億ドル(約1兆1000億円)を超える」(R&DプレジデントのアンドリューS・プランプ取締役)。適応症のほとんどが対象患者数の少ない希少疾患であるにもかかわらず、だ。

 仮に実現すればウェーブ1だけで、国内2番手のアステラス製薬の売上高(19年3月期約1兆3000億円)に迫る規模だ。武田薬品は25年度以降の承認目標パイプラインは「ウェーブ2」と名付け、こちらは売上予想を明らかにしなかったものの25製品以上をノミネートした。

 ウェーブ1で注目すべきは12製品中10製品(効能別では14効能中12効能)までもが、買収先企業が創製または開発していた製品であったり、買収先以外の他社からの導入品であったりすることだ。米ミレニアムは08年に約9000億円で、米アリアドは17年に約6000億円で、アイルランド・シャイアーは19年に約6兆円で買収した製薬会社だ。

 一般的に自社創製、自社開発の方が利益率は高く、製品が大型化した際のリターンも大きい。新薬メーカーとしては、自社から有望な製品を生み出せない状況は誇れないはずだ。

 だがある武田薬品OBがウェーブ1を見て、「常に高値掴みしたとの批判はあったが、買収がなければパイプラインはスカスカだったと思うとぞっとする」と感想を漏らしたように、自社だけではパイプラインを充実できなかったことも事実。そもそも数年前から経営に参画した外国人幹部からすれば、従来のR&Dの生産性の低さは自分たちの責任ではない。買収でも何でも、パイプラインを充実させた事実こそ誇るべきことなのだ。

 アンドリューS・プランプ取締役は「本当に素晴らしい5年間でした」と振り返ったが、まさしく武田薬品のR&D変革はこの5年間に一気に進んだ。同氏の言葉を借りれば、それは「進化ではなく革命」だった。

 旧湘南研究所(現湘南ヘルスイノベーションパーク)で日本人研究者のリストラを断行する一方、研究の中心を米国に移した。モダリティ(治療手段)の多様化も図り、低分子化合物中心だった研究体制から細胞療法、遺伝子治療など次世代の基盤技術に手を広げた。相次ぐ買収でメガファーマ(巨大製薬会社)にメンバー入りし、研究開発費は約5000億円規模と破格になった。パートナリングは引き続き強化するが、自社からも有望な新薬を生み出せる体制は築いた。ここまでの荒療治は、メガファーマ経験者揃いの外国人幹部たちではないと成し得なかっただろう。

 武田薬品の目下の課題は、19年3月期で売上高2692億円を稼ぐ、潰瘍性大腸炎治療薬「エンティビオ」の特許切れ問題だ。20年代半ばに特許が切れて他社のジェネリック医薬品に置き換わり、一気に減収となることが見えているからだ。その点でも、クリストフ・ウェバー社長兼CEO(最高経営責任者)は「成長している製品群とウェーブ1でエンティビオのロスを埋めることができる」と自信を示した。

 経営陣が誇るように、パイプラインは充実した。しかし当然だが、新薬の上市確率に100%はない。「手持ちの宝くじの枚数が増えただけ」(ある医薬担当アナリスト)との批判に対しては、結果で示していくしかない。

旧タケダ発の有望新薬候補は
神経精神疾患領域の「わずか2品」

 100億ドルを超えるポテンシャルだとして示された前出ウェーブ1の12製品のうち、武田薬品の自社創製と厳密に言えるのは、共にニューロサイエンス(神経精神疾患)領域の「TAK-935(発達性及びてんかん性脳症)」と「オレキシンプログラム(ナルコレプシータイプ1<居眠り病>治療薬)」のわずか2製品に過ぎない。TAK-935では他社と共同開発の道を選んだ一方、オレキシンプログラムは自社開発で進めている。またR&Dデーで個別に説明パートを設けたのはオレキシンプログラムだけだった。故に2製品でも特に期待をかけているのはオレキシンプログラムのようだ。

 R&Dデーではオレキシンプログラム臨床第1相試験の詳細なデータが示され、「単純に比較はできない」(ニューロサイエンス領域グローバルプログラムリーダーのデボラ・ハートマン氏)としながらも既存の薬剤よりも有望な覚醒延長効果が紹介された。また居眠り病以外にも、シフト勤務による睡眠障害や代謝疾患などへも適応症を拡大する可能性が示唆された。

 他社由来でも何であっても、患者の健康に貢献する革新的なアウトプットを生み出せるかどうかこそが新薬メーカーにとって大事なことは論をまたない。さはさりとて、「12製品中2製品」の自社創製という実態には、一抹の寂しさを覚える。落下傘の外国人幹部らに生産性の低さを糾弾された旧湘南研究所発のこの2製品が、“名誉挽回”とばかりに大型製品化することを期待せずにはいられない。


※本記事はダイヤモンド・オンラインからの転載です。転載元はこちら

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ