このページの本文へ

Seagate「ZP500GM30002」、「ZP1000GM30002」、「ZP2000GM30002」

SeagateからPCIe 4.0対応SSD「FireCuda 520 SSD」誕生

2019年11月22日 23時04分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Seagateから、PCI Express 4.0に対応したNVMe M.2 SSD「FireCuda 520 SSD」シリーズが発売された。容量ラインナップは500GB、1TB、2TBの3モデルだ。

PCI Express 4.0に対応したNVMe M.2 SSD「FireCuda 520 SSD」シリーズ

 「FireCuda 520 SSD」シリーズは「プロレベルのゲーマーのニーズに応えるために特別に設計された」というSSD。製品自体はコントローラーにPhison「PS5016-E16」を採用するPCI Express 4.0対応SSDで、第3世代RyzenシリーズとAMD X570搭載マザーボードの組み合わせで高速転送を実現する。

似たようなスペックの他社製モデルと比べるとやや高めの価格設定

 主なスペックはシーケンシャルリード最大5000MB/sec、同ライト最大4400MB/sec、ランダムリード最大76万IOPS、同ライト最大70万IOPS、書込耐性は最大3600TBW。

 価格は500GB「ZP500GM30002」が1万4980円、1TB「ZP1000GM30002」が2万9980円、2TB「ZP2000GM30002」が5万9980円。ドスパラ秋葉原本店やパソコン工房 秋葉原 BUY MORE店、ツクモパソコン本店、ツクモDOS/Vパソコン館、TSUKUMO eX.で販売中だ。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中