このページの本文へ

篠原修司のアップルうわさ情報局第392回

拡張現実デバイスの取り組み:

3Dスキャン可能なiPad Pro、2020年前半登場?

2019年11月19日 23時00分更新

文● 篠原修司

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アップルはデュアルレンズカメラと3Dセンサーシステム用の小さな穴を備えたモジュールを持つiPad Proを2020年前半に発売する。米メディアBloombergが11月12日に報じた。

 同紙によると、このモジュールによってiPad Proを使った部屋やオブジェクトの3Dスキャンが可能になるという。

 ARメガネやヘッドセット発売のうわさもあり、アップルの次の革命は拡張現実デバイスなのかもしれない。


筆者紹介:篠原修司

1983年生まれ。福岡県在住のフリーライター。IT、スマホ、ゲーム、ネットの話題やデマの検証を専門に記事を書いています。
Twitter:@digimaga
ブログ:デジタルマガジン

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中