このページの本文へ

ロードマップでわかる!当世プロセッサー事情第537回

デスクトップ向けComet Lakeは2020年2月ごろ登場? インテル CPUロードマップ

2019年11月18日 12時00分更新

文● 大原雄介(http://www.yusuke-ohara.com/) 編集●北村/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

2017年~2020年のインテルCPUロードマップ

いまだに市場投入されない
Core-XとXeon W-2200シリーズ

 次いで発表記事にもあるように、Core-XシリーズもCascade Lakeで刷新された。もっともこちらは10月早々に発表されたにも関わらず、いまだに市場投入されていない。

Cascade LakeベースのCore-X

 昨年のCore i9-9900Kもどんどん順延していたので、珍しいわけでもない。とはいえ、そろそろ出荷されても良さそうな気がする、というわけでロードマップには“2019/11?”と記述させていただいた。

 このCascade Lake-XベースのCore-Xとおそらくは同じタイミングで、やはり10月に発表されたXeon W-2200シリーズも市場投入されるのではないかと思われる。

Xeon W-2200シリーズのラインアップ

Kaby Lake-Gが生産終了

 さて、こうした新製品が投入される一方で、10月9日にはKaby Lake-Gに関するPCN(Product Change Notification)がリリースされ、Kaby Lake-Gが2020年1月一杯で受注終了、最終出荷日は2020年7月末となることが発表された。

 後継製品は今のところ予定されておらず、本当にピンポイントリリーフとして投入された感じの、ややかわいそうな製品群ではあったが、Coffee LakeでGPUのEU数を大幅に増加、それなりにGPU性能が引きあがっているあたりで、あえてAMDからGPUを購入してつなげなくても行けるという目途が立ったのか、それとも思ったほどに売れないので見切りをつけることにしたのか、そのあたりは定かではない。

 10月末には、COMPUTEXで発表があったCore i9-9900KSが発売された。

Core i9-9900KS

 さっそく加藤勝明氏のレビューも上がっているのでご存じかと思うが、なんというか力業過ぎる製品であるということで、Comet Lakeが出るまでの中継ぎとしても厳しい感じではある。

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン