このページの本文へ

ROCCAT「VULCAN 122 AIMO」

TITANスイッチ採用のホワイトキーボードがROCCATから発売

2019年11月16日 23時22分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ROCCATから、TITANメカニカルスイッチを採用するホワイトカラーのゲーミングキーボード「VULCAN 122 AIMO」が発売された。

TITANメカニカルスイッチを採用するホワイトカラーのゲーミングキーボード「VULCAN 122 AIMO」

 キースイッチに独自設計の静音仕様タクタイルスイッチ「TITANメカニカルスイッチ」を搭載するゲーミンクキーボード。短縮されたアクチュエーションポイントとファームウェア調整により、標準から約20%高速な入力が可能になる。

1680万色のカラーに対応するAIMOイルミネーション機能にも対応。ホワイトカラーによく映えるデザインだ

 「VULCAN 122 AIMO」は、強化アルマイトのトッププレートと取り外し可能なパームレスト、ロープロファイルデザインにより、長時間ゲームをしていても快適に使用できるとしている。

 なお、キー配列は英語104キーで、メディアキー機能とホイールを搭載する。キースイッチのアクチュエーションポイントは1.8mm、キーストロークは3.6mmで、押下重量は50g、キー寿命は5000万回となる。

非常に薄いベースにフルサイズのキーを搭載。押下重量50gで茶軸相当するフィーリングだ

 そのほか、1680万色のカラーに対応するAIMOイルミネーション機能にも対応する。サイズはキーボード本体が462(W)×235(D)×32~42(H)mm、重量1150g、ケーブル長約1.8m。

 価格は2万1978円。パソコンショップアークとTSUKUMO eX.で販売中だ。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中