このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ

最新パーツ性能チェック ― 第273回

Ryzen 9 3950Xはワッパ最強!9980XEにも勝る無双っぷりを検証

2019年11月20日 11時00分更新

文● 加藤勝明(KTU) 編集● ジサトラハッチ/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 AMDの第3世代Ryzenのハイエンドモデル「Ryzen 9 3950X」の国内発売が2019年11月30日11時とアナウンスされた。

Ryzen 9 3950X(左)とRyzen 7 3800X(右)の比較。3950Xがレビュー用サンプルだからか、フォントのウエイトの選択やロゴの配置が安っぽい印象を受ける。ただし物理形状は同一

 メインストリーム向けCPUとしては初めて16コア32スレッドに到達したことだけでなく、最大4.7GHz動作、さらにTDPはたったの105Wと、これまで登場してきた物理16コアCPUの常識を覆す“CPU史の特異点”的なスペックを備えている。

 AMDよりアナウンスされた国内販売価格は税込み9万8780円。北米MSRP(小売価格)が749ドルなので第一印象は割高だが、749ドルを単純に日本円になおして約8万2000円、それに流通にまつわるコストを載せて8万9800円、そして10%消費税……と考えると割とリーズナブルなのかもしれない。

 下表はRyzen 9 3950Xとその近傍の製品、さらに既存のハイエンドデスクトップ(HEDT)向け物理16コアCPUのスペックや価格を比較したものだが、8コア16スレッドのRyzen 7 3800Xから見ればコア数2倍なので価格もほぼ2倍と合理的な価格設定。

 一方同コア数で見るとZen+世代のThreadripper 2950Xより1万円程度高く(ただしX399マザーボード用なのでトータルコストは3950Xの方が優秀)、ライバルであるCore i9-9960Xより若干安い程度(ただし9960Xの初値は20万円オーバーで、最近値下げされた)。冷静に俯瞰すると、16コア32スレッドCPUとしては、至って普通の値段設定になっていると言える。

「Ryzen 9 3950X」とその近傍、そして既存のHEDT向け物理16コアCPUのスペックを比較した
「CPU-Z」で検証用に提供されたRyzen 9 3950Xの情報を拾ってみた

 今回は前回の速報記事では触れることができなかった、さまざまなベンチマークを通じて、Ryzen 9 3950Xの実力を明らかにしていきたい。

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ

この特集の記事