このページの本文へ

HDR対応コンテンツを視聴してみた

6万円台でHDR10対応とお得な31.5型4KディスプレーでNetflixを堪能

2019年11月16日 10時00分更新

文● 貝塚 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「ProLite XB3288UHSU」は、4K2K(3840×2160ドット)映像の入力に対応したiiyamaブランドの31.5型ディスプレー

 マウスコンピューターの「ProLite XB3288UHSU」は、4K2K(3840×2160ドット)映像の入力に対応したiiyamaブランドの31.5型ディスプレーだ。10.7億色/NTSC95%、広視野角、コントラスト比80000000:1をうたうVAパネルを採用。HDMI端子×2、DisplayPort×1と、汎用性の高い仕様で、実売6万3000円前後、最安値では6万円を切るショップもあるなど、比較的お手頃なモデルである。

 前回は、その仕様と外観、主な使用感に触れた。今回は、本機が対応する「HDR10」(High Dynamic Range 10)の使用感を紹介する。

Windowsなら、設定からHDRをオンにするだけでOK

 まずは、Windowsの設定画面からHDRをオンにする。「スタート」から「設定」→「システム」→「ディスプレイ」→「HDRとWCG」項目にチェックを入れる。Windowsのバージョンや、ディスプレーによって表記が異なる可能性もあるため、見当たらない場合は、類似項目がないか確認してほしい。

 HDR機能がオンになったことを確認しよう。なお、HDRとはコントラストが高すぎて、明部の飛び、暗部のつぶれが発生している映像のコントラストをあえて落とし、飛びやつぶれを抑制して、細部まで視認性を高めることを意味する。このため、違和感を覚える場合には、対応コンテンツを試聴するときのみオンにする使い方が基本となる。

NetflixでHDR対応コンテンツを視聴してみた

 HDR対応コンテンツとしては、ゲーム、動画配信サービス、対応Blu-rayなどが挙げられる。

 今回は、ProLite XB3288UHSUでNetflixのHDR対応コンテンツ「OUR PLANET 私たちの地球」を視聴。なお、Netflixでは対応コンテンツに「HDR」のタグを付与しているため、対応作品は探しやすいはずだ。

 OUR PLANET 私たちの地球は、あまり知られていない地球上の生物の生態をはじめ、彼らを取り巻く環境や気候変動、彼らに与える影響などを精細な映像で描いたドキュメントタッチの作品。第8話の「森林」には、マダガスカルに生息する夜行性の虫「リーフバグ」の生態に迫るシーンがある。

 リーフバグの複雑な形と、森林の木々や葉、夜という時間帯が手伝って、詳細部分がわずかにつぶれて見える箇所がある(本作品はもともと、飛びやつぶれにかなり気を遣った映像制作がされているので、つぶれといっても、暗くて詳細まではわからないといった程度)。

 HDRをオンにすると、手前で影になっている木々や、リーフバグを捕食しようとするキツネザルの腹部の影などの明度が増し、より詳細までわかりやすい映像が楽しめた。

 映画などを観ていて、「暗くてよく見えない部分がある」と感じたことのある人も多いはず。さまざまなシーンをつなぎ合わせ、とおして観たときに違和感のない映像になるよう明度をそろえてパッケージングされている映像作品は、ときにそういったシーンが発生しても仕方ない。

 HDR機能に対応しているProLite XB3288UHSUを使えば(コンテンツが対応している限り)、そういったストレスのない映像視聴が可能になるだろう。ただ、「つぶれや飛びがまったくない方が映像として美しいか」という話になると、多少影があって、コントラストがついている映像の方が、作品としては魅力的だと感じる人もいるはずだから、好みや環境に応じて設定するといい。

カラー設定で、好みの色調にディスプレーを調整できる

 また、ProLite XB3288UHSUは豊富なカラー設定メニューを搭載。暖色に寄せた「ウォーム」、通常の「ノーマル」、寒色の「クール」に加え、ゲーム、ムービー、テキスト、風景など、コンテンツに応じたカスタムメニューも備えている。HDRのオン/オフ、これらのカラー設定の組み合わせて、好みの色調に仕上げて使うといいだろう。

 今回はゲーミング用途で試用していないが、FPSやRPGをプレー時、ステージが黒く潰れて、敵やアイテムの位置が分かりにくいといった場合、HDRによってゲームを有利に進められるという大きなメリットが得られるだろう。それがもっとも実用的なHDRの使い方かもしれない。

6万円台というお手頃価格を実現した、4K2K対応ディスプレー

4K2K映像に対応し、およそ6万円というお手ごろな価格を実現した1台

 いずれにしても、4K2K映像の出力に対応し、およそ6万円という手ごろな価格を実現しているProLite XB3288UHSUは、パソコンを使ってゲームをしたり、映像を視聴したりする機会の多い人なら、持っていて損はない1台だ。

 31.5型というサイズ、スペック、価格のバランスもよい。スペック的に最高級でなくてもいいが、できることは多い方がよく、製品として信頼性があるものがほしい、と考えている人にとっては、有力な候補になるだろう。

Netflixオリジナルシリーズ「OUR PLANET 私たちの地球」独占配信中

OUR PLANET 私たちの地球

 数々の賞を受賞した「プラネットアース」のクリエイターたちが、全8回にわたって地球上の希少な生き物たちの姿をお届けするNetflixオリジナルシリーズ。世界自然保護基金 (WWF) の協力のもと、「OUR PLANET 私たちの地球」は、圧倒的な映像美と最先端の技術で、誰も見たことのない大自然とそこに暮らす動物たちの生態を映し出します。4年がかりのプロジェクトとなったこの意欲作は、世界7大陸すべて、50ヵ国以上の国で、総勢600人以上のクルーにより、3500日以上という日数をかけて撮影されました。番組は、はるか北極の荒野から、神秘的な深海、アフリカの広い大地、そして南米の様々なジャングルまで、動物たちの生息環境の多様性に着目しています。

カテゴリートップへ

マウスコンピューター
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター マウスコンピューター マウスコンピューター マウスコンピューター マウスコンピューター マウスコンピューター マウスコンピューター マウスコンピューター
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター マウスコンピューター マウスコンピューター マウスコンピューター マウスコンピューター マウスコンピューター
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター マウスコンピューター マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター マウスコンピューター マウスコンピューター
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune

 

マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune