このページの本文へ

お手入れ簡単「Pure Humidify+Cool」:

ダイソン「全部盛り」加湿空気清浄送風機が新登場

2019年11月15日 14時00分更新

文● 盛田 諒(Ryo Morita)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 2歳児くんの保護者をしています盛田諒ですこんにちは。風呂あがりの子に保湿クリームをベタ塗りする季節となり、古くなった加湿器の買い換え候補を探しています。ダイソンが11月14日に発表した新型の加湿空気清浄機は、冬は気化式の加湿器、夏は扇風機、年間を通して空気清浄機として使える1台3役の合体ロボのような全部盛り製品です。

加湿空気清浄送風機
Pure Humidify+Cool
11月29日発売
直販価格8万8000円
ダイソン

https://www.dyson.co.jp/air-treatment/purifier-humidifier/dyson-pure-humidify-cool.aspx

 特徴機能は、細菌の繁殖をおさえ、お手入れをラクにする工夫の数々。

 タンク内の水を紫外線(UV-C)で除菌するユニットを備え、加湿フィルターには細菌の繁殖をおさえる銀繊維を編み込みました。

水タンクを紫外線で除菌
加湿フィルターは銀繊維でガード

 容量5リットルのでかいタンクをバケツ代わりに水をはって、クエン酸を入れると加湿フィルターを洗うというすごい機能も備えています。1時間くらいで洗ってくれるそうです。

黄色い加湿フィルターをはずす
クエン酸と一緒に水タンクにつける
スイッチを入れると60分洗う
やりかたはフタにも書いてある

 なおダイソンでは社内に微生物の研究部門があり、掃除機や空気清浄機など各種フィルターの開発に使っています。マルムズベリーの研究室では実験のための細菌を培養しているそうです。

社内研究所で細菌を培養している

 研究室では細菌を積極的に死滅させるため、消毒剤業界の基準をもとに、何種類ものプロトタイプをつくって除菌ユニットの開発を進めてきたということで、除菌性能には自信を見せていました。

 送風には、自然なそよ風を再現する「ブリーズモード」を新たに採用しました。3軸型超音波風速計でおよそ4000万点のデータを集めて、そよ風を模倣するアルゴリズムを作ったのだそうです。イギリスのそよ風を感じられそうです。

3軸型超音波風速計でそよ風データを収集した
後ろのきらきらがそよ風を受けてなびいていると思ってください

 なお風は前から出せば扇風機、後ろから出せばディフューザーとして使えます。

前から送風すれば扇風機として使える
後ろから送風すればディフューザーになる

 スマホをつなげて、リモコン代わりに運転させることもできます。今年はSiriに対応して、「Hey Siri 加湿して」で加湿運転を始められるようになりました。アプリでは室内外の温度、湿度、花粉やPM2.0の多さなどがわかります。

アプリで空気の汚れなどがわかる

 ちなみにダイソンでは空気清浄機を開発するときの独自試験にもこだわっていて、狭い部屋の中央に空気清浄機を置いた試験でなく、広い部屋の端に空気清浄機を置いた試験をやっています。そのほうが実際の家に近いだろ?ということです。

赤いワクが通常の試験、広いほうがダイソンの試験

 試験好きのダイソンがイギリスの子どもたちに空気質センサーつきのリュックを背負わせて登下校してもらう実験をしたところ、車で登校している子のほうが車道のそばを歩いて登校している子よりも汚い空気を吸っているという結果が出たそうです。意外というかイギリス的な皮肉を感じますね。

実験に使ったリュック

 新製品も相変わらず存在感のあるサイズとデザインですが、一年中出しっぱなしにしとけるのは便利ですね。加湿器でいちばん気になるのはやっぱりカビや雑菌なので、お手入れがラクになったのもいい感じです。いろいろ便利ですが空気清浄機としては高級な部類に入るので、ラーメン屋で「全部盛り」があったらとりあえず試してみちゃうね、という人におすすめしたい。




※お詫びと訂正;初出時に超音波式としていましたが気化式の誤りでした。お詫びとともに訂正します。(11月15日)

カテゴリートップへ