このページの本文へ

Chaintope、ガバナンス問題を解決した日本発パブリックブロックチェーン「Tapyrus」をオープンソースで提供開始

株式会社chaintope
2019年11月14日

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Chaintope、ガバナンス問題を解決した日本発パブリックブロックチェーン「Tapyrus」をオープンソースで提供開始

株式会社chaintope
~実社会で実装可能なブロックチェーンエコシステムの形成を目指す~

株式会社chaintope(本社:福岡県飯塚市、代表取締役CEO:正田英樹、以下「Chaintope」)はこの度、独自に研究開発を進めてきたブロックチェーン「Tapyrus(タピルス)」をオープンソースで提供開始したことをお知らせします。


■背景
今日ブロックチェーン技術の商用化に向けた動きが加速する中、未解決の課題が混在しています。最もよく知られるパブリックブロックチェーンBitcoin は民主的である一方、意思決定を主体的に行う管理者がいないために、機能追加や事故発生時の救済が困難というガバナンス上の問題を抱えています。また、ブロックチェーンネットワークに誰でも参加できることの引き換えに、取引速度や秘匿性が損なわれる問題が生じ、社会インフラへの応用には課題が残ります。

そのため、企業や団体によるブロックチェーン活用においては、ネットワークへの参加を限定し単一もしくは複数の管理者で意思決定を行えるプライベートチェーンが採用されやすい傾向があります。これによりパブリックブロックチェーンの未解決課題を回避しつつ社会実装を進められる反面、ブロックチェーン技術の本来の強みである取引の透明性等は発揮しにくくなります。

■Tapyrusの概要

Tapyrus
Tapyrus は誰でもネットワークに参加できるパブリックブロックチェーンでありながら、より効率的かつ迅速に社会実装を進められるようなガバナンス設計がなされています。Tapyrusのプラットフォームはあらかじめ選定された複数の調整役によって運用されるため、機能変更・追加の意思決定をスムーズかつ負荷コストを最小限にして行えます。またネットワークを支える不
特定多数の参加者がデータの正当性を検証するため特定の調整役の意思によるデータ書き換え等の不正が防止されます。

一例として、マレーシアで実証を行なっているトレーサビリティプロジェクトでは、サプライチェーンに携わる業者が国際規格に則り流通履歴に対する正当性を担保し、サプライチェーンを可視化することで、消費者は誰でもその履歴を自由に閲覧することができるスキームを構築することを目指しています。

Chaintopeの代表取締役の正田英樹は次のように述べています。
「Chaintope はTapyrus を通してこれまでパブリックチェーンで実現が困難であったガバナンス問題を解決しました。加えて、Chaintope はスケーラビリティやプライバシーの課題に対応する技術を開発しています。これらの独自技術を組み合わせていくことで、一企業・団体内でとどまっていたブロックチェーンの活用を企業間での連携やより社会性の高いインフラ事業での活用にまで広げていくことが可能になります。」

■今後の展開
Tapyrus ブロックチェーンは、技術者が自由に実装・拡張できるようオープンソースで提供されます。また業界毎に異なるニーズに応えるため、今後Chaintope ではTapyrus 上に各種拡張機能を追加予定です。ブロックチェーンの抱える課題を総合的に解決することで、従来ガバナンス体制との両立が難しかった処理速度やプライバシーの問題に取り組んでいきます。詳しくは弊社ウェブサイト「ブロックチェーンプロトコルページ」 ( https://www.chaintope.com/chaintope-blockchain-protocol/ )をご覧ください。

技術者向けのコミュニティ醸成に加え、Chaintope はこれまで注力をしてきたサプライチェーンやトレーサビリティ等の領域においてTapyrus 上に構築したプラットフォームを近日公開予定です。同時に、各業界のリーディングカンパニーとの協業によりブロックチェーンを活用したサービスの構築に取り組んでいます。

Tapyrusのソースコードについて
Tapyrus のソースコードはGithub( https://github.com/chaintope )よりご覧いただけます。Tapyrus ブロックチェーンの開発・拡散に協力頂けるエンジニア・企業の皆様は、弊社ウェブサイトよりニュースレターをご購読いただくか直接お問い合わせください。

Chaintopeについて
「ブロックチェーンインテグレーターとして社会にブロックチェーンを実装する」ことをミッションとして掲げ
るブロックチェーンテクノロジーカンパニー。ブロックチェーンのコアテクノロジー開発(研究開発メイン)に強みを持ち、実証実験やシステム開発などの案件受注の他、独自のプロトコルレイヤーソリューションを開発しています。

コーポレートウェブサイト: https://www.chaintope.com/
公式Facebookアカウント: https://www.facebook.com/chaintope/
公式Twitterアカウント: https://twitter.com/chaintope/

【本リリースDL版(PDF)】
https://prtimes.jp/a/?f=d30542-20191114-3017.pdf

【本件に関するお問い合わせ】
株式会社chaintope (担当:上坂)
info@chaintope.com

PRTIMES リリース詳細へ

カテゴリートップへ

注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!

STARTUP×知財戦略バナー

IoTイベント(300x100)

ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム

アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ