このページの本文へ

黒もあり! ファーウェイ、ノイズキャンセリング搭載ワイヤレスイヤフォン「HUAWEI FreeBuds 3」発売

2019年11月14日 16時45分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ファーウェイ・ジャパンは、同社がオープンフィット型と呼ぶジャンルでは世界初となる、アクティブノイズキャンセリング機能搭載の完全ワイヤレスイヤフォン「HUAWEI FreeBuds 3」を11月29日に発売する。価格は税抜1万8800円。

ファーウェイからもアクティブノイズキャンセリング対応の完全ワイヤレスイヤフォンが登場。こちらは黒も!

 HUAWEI FreeBuds 3は9月のIFAで公開された製品で、早くも日本でも発売される。イヤフォンのマイクが受け取ったノイズに対し、逆位相の音波を生成することで騒音を減らすアクティブノイズキャンセリング機能を搭載。また、通話時の音質にも注力しており、イヤフォン内蔵の骨伝導センサーがユーザーの声を受け取ってノイズを低減するほか、空気の流れを計算して設計したダクトで風切り音を抑えるなどして、クリアな通話を実現する。

カラバリはセラミックホワイトとカーボンブラックの2色

 また同機には独自開発のチップセット「HUAWEI Kirin A1」を採用。Bluetooth 5.1 BLEに対応することで、Bluetooth接続の安定性、遅延の少なさも特徴という。製品にはワイヤレス充電に対応したケースが標準で付属。充電パッドのほか、HUAWEI P30 Pro/HUAWEI Mate 20 ProのようなQi対応機器への給電に対応したスマホとの組み合わせでもチャージが可能。連続再生時間は単体で約4時間、充電ケースとの組み合わせで約20時間。対応コーデックはAACおよびSBC。

ファーウェイのウェアラブル端末には独自開発のチップセットが搭載される

カテゴリートップへ