このページの本文へ

【速報】Ryzen 9 3950Xを速攻ベンチマーク! ついにRyzenは9980XEをも食らう!

2019年11月14日 23時00分更新

文● 加藤勝明(KTU) 編集●北村/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 AMDは2019年11月25日にSocket AM4対応のメインストリーム向けCPUの最上位モデル「Ryzen 9 3950X」を749ドルで発売すると予告した。そして本日11月14日23時をもって、Ryzen 9 3950Xのベンチマークのレビューが解禁となった。

今回入手したRyzen 9 3950X(左)。検証用サンプルゆえなのか、Ryzenロゴの位置やフォントのチョイスが既存のもの(右、3900X)とかなり違ってみえる
ピン配置もこれまでの製品と同一。左が3950Xだが、ピンの立っている電極部分のメッキにかなりのムラがあり、テスト用に製造されたものだということを想像させる

 第3世代Ryzenは7nmプロセスのZen2アーキテクチャーとチップレットデザインを採用したことで、従来よりもよりコア数が多く、さらに性能面でのボトルネックを解消した。

 これまで登場した12コア24スレッドのRyzen 9 3900Xよりもさらにコア数の多い、16コア32スレッドモデルがRyzen 9 3950Xというわけだ。

 物理16コアのCPUはこれまでの常識では、もうHEDT向けCPUの領域だが、AMDは物理16コアまでをメインストリーム向けプラットフォームでカバーすることになる。

 同じSocket AM4で2コア4スレッドから16コア32スレッドまで自在に選択できるという柔軟性、かつ旧世代の300/400シリーズでも動作するという事実は、もはやインテルの手の届かない、圧倒的アドバンテージといえる。

各CPUの比較表
  Ryzen 9 3950X Ryzen 9 3900X Ryzen 7 3800X
世代 Zen2(7nm) Zen2(7nm) Zen2(7nm)
コア/スレッド 16 / 32 12 / 24 8 / 16
ベースクロック 3.5GHz 3.8GHz 3.9GHz
ブーストクロック 4.7GHz 4.6GHz 4.5GHz
L2キャッシュ 8MB 6MB 4MB
L3キャッシュ 64MB 64MB 32MB
TDP 105W 105W 105W
iGPU N/A N/A N/A
対応メモリー DDR4-3200 DDR4-3200 DDR4-3200
CPUクーラー なし Wraith Prism
with RGB LED
Wraith Prism
with RGB LED
実売価格 不明 7万円前後 4万9000円前後
米国小売価格 749ドル 499ドル 399ドル
「CPU-Z」でRyzen 9 3950Xの情報を拾ってみた
タスクマネージャーも論理32コア表示。CINEBENCH R20でマルチスレッドテスト実行中のクロックは3.85GHz前後だった

 今回レビュー用のRyzen 9 3950Xをテストできるチャンスに恵まれたが、検証期間の都合でごく簡単な結果だけお伝えするに留めることをまずお詫びしたい。詳細な検証は後ほど詳報としてお届けする予定だ。

「CINEBENCH R20」のスコアー

 とはいえ、Ryzen 9 3950Xのハイライトはこの「CINEBENCH R20」のスコアにすべて現れている。Ryzen 9 3900Xのマルチスレッドスコアーを大きく上回るどころか、Core XシリーズのハイエンドであるCore i9-9980XEも越えた。

 かつてインテル製CPUはコア数が若干少なくてもシングルあるいはマルチスレッド性能が高いというアドバンテージを残せていたが、Ryzen 9 3950Xがすべてをひっくり返したのは、驚きでしかない。

 Core i9-9980XEにはメモリーバス幅やPCI-Expressのレーン数などのアドバンテージは辛うじて残っているものの、性能でRyzen 9 3950Xに負けてしまったのだ……。

 だが、CINEBENCHはCPU性能のいち側面にしか過ぎない。その他のベンチマークではどのような性能を示すのか? それは次回の詳報をお待ちいただきたい。

【関連サイト】

カテゴリートップへ