このページの本文へ

「池袋暴走」事故で元通産省幹部を書類送検、注目される刑事処分の行方

2019年11月12日 12時00分更新

文● 戸田一法(ダイヤモンド・オンライン

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
東京・池袋で暴走した車にはねられ母子が死亡した事故現場で実況見分する警視庁の捜査員ら(6月13日撮影、東京都豊島区)
東京・池袋で暴走した車にはねられ母子が死亡した事故現場で実況見分する警視庁の捜査員ら(6月13日撮影、東京都豊島区) Photo:JIJI

東京・池袋で4月、乗用車が暴走し松永真菜さん(当時31)と長女の莉子ちゃん(同3)が死亡、9人が重軽傷を負った事故で、警視庁交通捜査課は12日、自動車運転処罰法違反(過失運転致死傷)の疑いで、運転していた旧通産省工業技術院の元院長、飯塚幸三容疑者(88)を書類送検した。事故発生から半年以上が過ぎ、刑事事件として大きな節目を迎えた。この事故を巡っては、飯塚容疑者の厳罰を望む約39万人の署名が寄せられるなど、社会的に大きな注目を集めた。刑事処分の行方が注目される。(事件ジャーナリスト 戸田一法)

 本稿に入る前に、まずは松永さんと莉子ちゃんに追悼の意を示し、ご遺族にお悔やみを申し上げたい。

 筆者も全国紙記者として長年、事故現場や法廷でご遺族や関係者の悲嘆、慟哭(どうこく)に接してきた。亡くなられた方の無念も察するに余りある。

 高齢者の運転、事故、刑事処分のあり方、免許返納制度など、社会に対して問題提起をするため、記事にすることを関係者の方々にご容赦いただきたいと思う。

事故原因は運転動作の誤り

 飯塚容疑者の書類送検容疑は4月19日午後0時25分ごろ、東京都豊島区東池袋の都道で乗用車を運転中、ブレーキとアクセルを踏み間違えて赤信号の横断歩道に突っ込み、自転車の松永さん親子を死亡させ、9人に重軽傷を負わせた疑い。

 飯塚容疑者の乗用車は事故現場手前の歩道と車道を隔てる縁石に接触した後、100キロ近いスピードで約150メートル暴走。

 横断歩道2ヵ所で自転車の男性と松永さん親子を相次いではね飛ばし、左側から来たごみ収集車に衝突したはずみで3ヵ所目の横断歩道に突入して歩行者をはねた。

 その後、信号待ちのトラックにぶつかり、そこでようやく停車した。

 事故で飯塚容疑者も胸の骨を折る重傷を負って入院しており、警視庁は任意で事情聴取していた。

 全国紙社会部デスクによると、事故直前のボイスレコーダーには、助手席に乗っていた飯塚容疑者の妻が「危ないよ、どうしたの?」と問い掛け、飯塚容疑者が「ああ、どうしたんだろう」と戸惑う様子が記録されていた。

 事故後、飯塚容疑者は携帯電話で息子に「アクセルが戻らなくなった。人をいっぱいひいてしまった」と連絡したという。

 飯塚容疑者は1年ほど前から脚が不自由で、つえを使っていた。近所の住民は車庫入れがうまくできない様子も目撃していた。

 脚が不自由だった原因について、飯塚容疑者の通院先の医師はパーキンソン症候群の疑いを指摘しており「運転は許可できない」と伝えていたという。

 警視庁は飯塚容疑者が「アクセルが戻らなくなった」と供述していたが、乗用車を調べたところ異常などは見られず、運転動作を誤ったと判断した。

絶望感も再発防止を願う

 事故から1ヵ月を前にした5月17日、松永さんの夫で会社員の男性(33)が記者会見し「絶望感で生き地獄のような日々だ」と心境を語った。

 男性は「洋服やおもちゃを見るたび、2人が出てくるんじゃないか、(事故が)夢だったんじゃないかと思う」と言葉を詰まらせた。毎日、祭壇に向かって「愛しているよ」と語り掛けているとも明かした。

 飯塚容疑者から謝罪の申し出があったが、断ったとし「2人の死を受け入れるので精いっぱい。2人の未来を一瞬で奪った容疑者は厳罰にしてほしい」と訴えた。

 その上で「車は便利だが(人を死傷させる)凶器にもなる。ハンドルを握るときは常に注意し、気遣いのある運転をしてほしい」と呼び掛けた。

 同28日には、警視庁志村署が思いを受け止め、交通安全に対する意識を高めてもらおうと「少しでも運転に不安がある人は運転しないという選択肢を考えてほしい」という、男性のメッセージを記載したチラシを配布した。

 チラシには、免許証を自主返納しても身分証明書として使える「運転経歴証明書」が交付されることや、一部公共施設で優待や特典があることも記した。

 警視庁によると、池袋の事故後、運転免許を自主返納する人が増加した。事故があった週は都内で1000人弱だったが、翌週は約2割増加。GW明けの5月7~9日は3日間だけで1200人以上に達したという。

 6月7日には俳優の杉良太郎さんが75歳になるのを前に、東京都品川区の鮫洲運転免許試験場で自主返納。「事故で人を死なせたら取り返しがつかない。返納を考えるきっかけにしてほしい」と呼び掛けた。

 男性は事故から3ヵ月になるのを前に7月18日に再び記者会見。冒頭、昨年6月の父の日に莉子ちゃんが似顔絵を描き、松永さんがケーキを作って祝ってくれた動画を公開し「2人との日常がとても幸せだった」と声を震わせた。

 そして「天国で(会ったとき)『お父さんは頑張って生きてきたよ』と言いたい」ときっぱり。高齢者が起こした重大事故でも「受けるべき処罰を受けることが再発防止につながる」として、飯塚容疑者に対し可能な限り重い罪での起訴と厳罰を求める署名活動を始めることを表明した。

 集まった署名は約39万人分。男性は9月20日、東京地検に提出し「皆様の思いを持って裁判に臨む。軽い罪で済む前例を作りたくない」と思いを語っていた。

社会的影響を考慮し起訴は必至か

 警視庁から書類送検を受け、今後は東京地検が証拠を精査し、起訴(公判請求)、不起訴(起訴猶予か嫌疑不十分)、略式起訴(略式命令=罰金を前提とした処分)を決める。

 飯塚容疑者は88歳と高齢だが、今回の事故は社会的関心も高く、事実関係を公開の場で審理する社会的意味も大きい。

 また遺族の処罰感情が強く、民事的な示談交渉もなさそうなので、情状酌量が勘案されず、起訴されることになるだろう。

 ただ、遺族や世論は厳罰を望んでいるが、事故時に飲酒運転やスピード違反などがなく、初犯であればほぼ執行猶予が付くのが一般的だ。

 かなり過失割合が高いケースだが、これはネットなどでいわれる「上級国民」だからではなく、過去の判例がそうなのだ。

 一方、今回の事故ではネットで「逮捕マダー?」「逮捕ハヨ!」など、逮捕を待ち望む投稿が相次いだ。逮捕は刑事訴訟法における手続きの1つにすぎないのだが、刑事罰と勘違いしている人が少なくないようだ。

「逮捕」は刑事訴訟法199条に規定されているが「被疑者が逃亡する虞(おそれ)がなく、かつ、罪証を隠滅する虞がない」場合、できない。

 またテレビで「○○容疑者を現行犯逮捕しました」と耳にしているため、死亡事故などを起こした場合はペナルティーとして身柄を拘束するというイメージがあるのかもしれない。

 これも実は誤解で、重大事故で取り乱し、精神的に不安定になっているため、警察署で落ち着かせるための配慮という意味合いもある。

 過去には、帰宅してから良心の呵責(かしゃく)に耐え切れず、自殺してしまったケースもあった。だから、裁判所に令状を請求しなくて済む「現行犯逮捕」を適用している側面もある。

 基本的には交通事故で逮捕しても、取り調べによほど反抗的ではない限り当日、もしくは翌日、長くても数日中には釈放される。

 だから、ネットで待望論が久しかった飯塚容疑者の「逮捕」は、実は刑事処分とは無関係であり、無意味だったのだ。

悲惨な事故防止にできること

 毎日のように全国各地のどこかで、交通死亡事故が起きている。その数だけ、松永さんの夫であり、莉子ちゃんの父親である男性のような思いをしている。

 今回の事故は「高齢者の運転」のあり方に、一石を投じた。

 一方で、あおり運転のような殺人行為(9月11日、大阪高裁が殺意認定)、危険運転も後を絶たない。

 こうした事故を防ぐためにドライバーができることは、男性が7月18日の記者会見で語ったように「ハンドルを握るときは、身近な人へ向ける愛を車の外側に向け、安全運転を心掛ける」ことだろう。

 それによる交通事故の根絶こそが、松永さんと莉子ちゃんの供養につながるはずだ。


※本記事はダイヤモンド・オンラインからの転載です。転載元はこちら

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ