このページの本文へ

ASRock Rack「EPC621D4I-2M」

ほぼソケットが占めるサーバー向けMini-ITXマザー

2019年11月12日 22時44分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ASRock Rackから、サーバー/ワークステーション向けCPU、Xeon Scalableに対応するLGA 3647仕様のMini-ITXマザーボード「EPC621D4I-2M」が発売された。

サーバー/ワークステーション向けCPU、Xeon Scalableに対応するLGA 3647仕様のMini-ITXマザーボード「EPC621D4I-2M」

 「EPC621D4I-2M」は、チップセットにIntel C621を採用するMini-ITXフォームファクターの製品。シングルCPU対応のワークステーション向けのマザーボードで、TDP 205WまでのXeon Scalableが搭載できる。

 ご覧の通り、基板中央のソケットが占めるスペースが大きく、クーラーを搭載すれば“ほぼCPU”が占有するマザーボードとなりそうだ。

Mini SAS HD to 4 SAS/SATAケーブルが付属する

 主なスペックは、拡張スロットがPCI Express(3.0) x16×1。メモリースロットがDDR4-SO DIMM×4(DDR4-2933MHz/最大64GB)で、SATA3.0(6Gbps)×7(mini SAS HD×1)やSATA DOM×1のほか、基板背面にM.2スロット(M.2 2280)という構成。インターフェースはギガビットLAN×2(Intel+Marvell)、D-Sub×1、USB 3.0×2。

 価格は6万1600円。オリオスペックで販売中だ。

※お詫びと訂正:記事初出時、Cascade Lake-X(未発売)にも対応とありましたが、製品はCascade Lake-Xには対応しておりません。記事を訂正してお詫びします。(2019年11月13日)

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中