このページの本文へ

ASCII STARTUP イベントピックアップ第62回

22社の欧米スタートアップと共に富士通がWeb Summit 2019に初出展

2019年11月11日 15時00分更新

文● ガチ鈴木 /ASCII STARTUP

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Web Summit 2019のブース初日には鏡開きも行なわれた。ポルトガルの大使も登場し、法被を着て会場でも目立っていた

 ポルトガルのリスボンで2019年11月4日から行なわれている、世界最大級のテックイベント「Web Summit 2019」に、富士通がスポンサードでブースを出展。世界的に注目が高まっている展示会だが、日本の大手企業としては初となる。2000以上のスタートアップ、7万人を超える来場者を集めるテックイベントで、2018年は日本人の参加者は100名にも満たなかったが、今回は200人を超え、これから日本の存在感も高まっていきそうな空気を感じた。

富士通 グローバルマーケティング本部 エコシステム推進部 FUJITSU ACCELERATOR代表 浮田博文シニアマネージャー(左)と安西 潔氏

 仕掛け人は日本では8期に参加する企業を募集している「FUJITSU ACCELERATOR」事務局を務める富士通の安西 潔氏。昨年はWeb Summitに単身で乗り込み、出展するスタートアップ企業の質の高さや秀逸なモバイルアプリによるイベント全体としての仕組み、会いたい投資家、起業家と会える仕組みが整っていることに衝撃を受けて出展を決意。

 2019年10月には欧州版のアクセラレーションプログラムも立ち上げ、応募のあった300件のスタートアップから24社の欧米企業を選出。今回のWeb Summitには、そのうち22社を引き連れてブース出展を果たした。

 Web Summitのスタートアップブースは3日間の会期中日替わりでブースが変わることもあり、富士通ブースのスタートアップ企業も毎日8社ずつが出展していた。欧州版アクセラレーターはまだ採択の途中で、今回のWeb Summitでのミートアップや選考を重ねて、最終的に西欧の顧客企業の課題を解決する企業を採択し、協業を検討。2020年春頃に欧州でデモデイを開催し、1年に1回のペースで実施する予定だという。

 ブースの後ろでは「Co-creation」をテーマにセッション、ワークショップを開催。欧州版アクセラに応募して採択できなかった企業ともミートアップを実施していた。質が高い企業も多く、日本のアクセラレータープログラムへの応募にもつなげたいとしている。

Web Summitのベンチャーブースは看板を取り外して、日替わりで展示する企業が変わる。展示を見る側には厳しいが、参加企業にとって出展しない日は自分の活動に宛てることができるのがメリット。富士通ブースの隣には、日本から出展している「J-Startup」ブースも並ぶ

 ロンドンの大学からスピンアウトした英国のAIプラットフォーム企業「reinfer」は、富士通ブース出展企業のひとつ。メールや、チャット、CMSやCRMといったエンタープライズのソリューションでやり取りされる会話のコミュニケーションの非構造化データを分析して、構造化でータに変換。ビジネスを分析して最適化、作業や事業の全体自動化につなげるソリューションを展開している。富士通とは、金融系や小売業の顧客へAIコミュニケーションのイノベーションを与えたいと語っていた。

reinfer

 多数のAI企業が集まるカナダ・トロントの「WeavAir」は、センサーで室内の空気の質を最適化するソリューションを持つ企業。温度や空気の流れなどをセンサーでモニタリング、またリアルタイムで予測分析して、空調機器などデバイスの精度やパフォーマンスを上げ、エネルギーの効率化につなげる。

WeavAir

■関連サイト

カテゴリートップへ


この連載の記事
注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!

STARTUP×知財戦略バナー

IoTイベント(300x100)

ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム

アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ