このページの本文へ

クリスマスに「micro:bit」はいかが

2019年11月11日 13時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ウィンドウズ デジタルライフスタイル コンソーシアムは11月8日、家庭で楽しくプログラミングを学べる特設サイト「CODEPARK」を公開。

 手のひらサイズのマイクロコンピューター「micro:bit(マイクロビット)」を使い、フタを開けると音楽が流れるプレゼントボックスや、ラブテスターのような相性診断装置などのパーティーグッズを作る方法を、サンプルコードつきで公開しています。

 グッズはどれもお金をかけずに、身近なものや、100円ショップなどで手軽に手に入るもので作れるものということ。来年度からは小・中・高でプログラミング教育が必修・拡充。今年はサンタさんにmicro:bitをお願いして電子工作というのはいかが。

micro:bitで作れる「高速パンチカウンター」(例)

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ