このページの本文へ

「レインボーシックス プロリーグ シーズン10 ファイナル in Japan」レポート

日本開催R6S世界大会はNaViが優勝、“日本の観客は最高だ”

2019年11月11日 07時00分更新

文● 八尋 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「レインボーシックス プロリーグ シーズン10 ファイナル in Japan」

 11月9日、10日に愛知県国際展示場「AICHI SKY EXPO」で「レインボーシックスシージ」(以下、R6S)の世界大会「レインボーシックス プロリーグ シーズン10 ファイナル in Japan」が開催。10日には、前日に勝ち上がった4チームによる準決勝からスタートした。

 第1試合は、北米代表のDarkZero Esportsと、アジア太平洋代表のAerowolf。前日に優勝候補と言われていたGiants Gamingに勝利したAerowolfに、APACに初優勝の期待が高まったが、やはりDarkZero Esportsの安定した強さに押され、1マップ目の国境と、2マップ目の銀行もDarkZero Esportsが勝利を収め、決勝にコマをすすめた。

DarkZero EsportsAerowolf
国境
銀行

 第2試合は、ヨーロッパ代表のNatus VincereとTeam Reciprocityが激突。このマッチでは、Natus VincereのCTZN選手とTeam ReciprocityのSkys選手が大量にキルを重ねる熱い戦いに。R6Sの大会史に残るレベルのキル合戦となった。1マップ目の領事館は接戦の末Team Reciprocityが先取したが、2マップ目のヴィラでは圧倒的な強さをみせつけNatus Vincereが勝利。勝敗が決する3戦目のクラブハウスも勢いそのままNatus Vincereが勝利し、決勝に進出した。

Natus VincereTeam Reciprocity
領事館
ヴィラ
クラブハウス

 そしていよいよ決勝戦。カードはDarkZero Esports対Natus Vincere。会場のボルテージも最高潮に達するなか、多大会の火蓋が切って落とされた。1マップ目はDarkZero Esportsのピックマップとなる領事館。しかし、7対4でNatus Vincereが勝利を飾った。堅実なプレースタイルで戦うDarkZero Esportsに対して、最終マッチでも速攻でデフューザー設置に挑むなど、攻撃的なNatus Vincereの戦略がささったかたちとなった。

DarkZero EsportsNatus Vincere
領事館
海岸線

 2マップ目は海岸線。こちらでもNatus Vincereが若干優勢なかたちでラウンドを取得していく。6対3で迎えた最終戦では、今まで堅実プレーを重ねてきたDarkZero Esportsが飛び出しをみせるなど必死の抵抗をしたものの、Natus Vincereが見事勝利し、優勝の座を獲得した。また、この戦いでは、Natus Vincereの選手が観客の歓声をあおるような姿もみられ、観客はそれに全力で応えていた。

決着の瞬間
Natus Vincereが見事優勝

日本の観客は最高だね

優勝したNatus Vincereがインタビューに答えてくれた

 大会終了後には、見事優勝したNatus Vincereにメディア合同インタビューを実施した。

ーーチャンピオンになった今の気持ちを教えてください。

neLo選手:僕たちならここまで来れると信じてたんだけど、それを証明するには少しの時間とそれを見せる機会が必要だったんだ。

ーー準決勝より決勝のほうがスムーズでしたが、勝因はなんだったのでしょうか。

neLo選手:一試合目も、僕たちの初めての国際大会にしては悪くなかったんだけどね。でも、今回やっと気づいたんだ。楽しむためにやってるんだって。楽しめばその分いいプレイができるというのを、プレイしながら実感したんだ。だから、冷静にかまえて楽しみながらプレイすることに集中したことがよかったのかな。

ーー準決勝の試合直後すぐに決勝戦でしたが、大変ではなかったですか?

GiG選手:それが逆によかったのかもしれないね。決勝戦ではDarkZeroの戦術を分析できる時間がなかったことで、かえって自分たちのプレイに集中できたんだ。うまくいったね。

ーー日本のオーディエンスやファンはいかがだったでしょうか。

neLo選手:日本のファンは本当にクレイジーだよ! とても楽しい時間を過ごせたね。

Pie選手:ナンバー1だね。

CTZN選手:本当にすばらしかった。

GiG選手:ここ数年の大会からみても、最高のオーディエンスだったよ。プロリーグの大会がまた日本で開催されて、僕も戻ってこれるといいなと思っているよ。

Kendrew選手:ゲームとプロゲーマーたちに対する熱量が本当にすごいね。どこにも負けないレベルだと思うよ。

ーー日本のファンにメッセージをお願いします。

GiG選手:最高だよ。今までで1番のオーディエンスだった! またここに戻ってきてみんなに会いたいね。これからもオンラインで僕たちを見たり、オフライン大会にも来て応援してほしいな。クレイジーだ!

Kendrew選手:いい答えだね(笑)

neLo選手:いや、ひどい(笑)

GiG選手:いきなり聞かれたんだ、いいじゃないか!(笑)

ーーありがとうございました。

 こうして2日間に及ぶ激闘は幕を閉じた。個人的にも初めての世界大会だったが、世界レベルのスゴ技の連続で、開いた口がふさがらないプレーばかりだった。また、現場に行ってみないとわからない雰囲気や日本のR6Sファンの熱気にも触れることができ、とても有意義な時間だった。次いつ日本で世界大会が開催されるかはわからないが、R6Sが好きなプレーヤーは、ぜひ現地に足を運んでオフライン独特の雰囲気を堪能してみてほしい。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ