このページの本文へ

Yellowfin 新バージョン、「Yellowfin 9」のリリースを発表

Yellowfin Japan株式会社
2019年11月08日

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Yellowfin 新バージョン、「Yellowfin 9」のリリースを発表

Yellowfin Japan株式会社
Yellowfin 9が提供する優れたエンドユーザーエクスペリエンスにより、組織はデータから変革の価値を生み出すことができます

2019年11月8日 - 世界をリードするイノベーティブなアナリティクスベンダーであるYellowfin Japan株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役 CEO:グレン・ラビー)は、Yellowfin 9のリリースを発表します。Yellowfin 9には、驚くほど柔軟な、アクションベースのダッシュボードビルダーと、ダッシュボードエクスペリエンスを向上させる革新的なデータストーリーテリング機能が搭載されます。この画期的なリリースは、刷新されたばかりのYellowfin モバイルアプリのさらなる機能強化にも寄与します。また、高度にセキュアなプレゼンテーションツールである、Yellowfin プレゼント(旧ストーリーボード)も実装しています。


Yellowfin 9は、組織がデータからさらなる価値を引き出す方法に注力して開発が進められました。ビジネスユーザー、デザイナー、開発者のニーズにフォーカスして分析体験を再定義したことで、アクセスしやすく、魅力的で、より実用的にするためのデザインとなりました。

これは、刷新されたダッシュボード機能で体感できます。データアナリストや、開発者、デザイナーは、ダッシュボードの構築、機能拡張をコラボレーションしながら行い、事象の発生原因を発見し、それをアクションにシームレスに連携させることができます。

新機能には、以下が含まれます。

フリーレイアウトのダッシュボードキャンバス
• ピクセルパーフェクトなデザインの制御
• 他のアプリケーションと連携
• 企業のデザインテーマに合わせるなど、見映えの優れたダッシュボードの構築

ダッシュボードコードモード
• 外部のアプリケーションへのアクションを統合
• 使い慣れたコーディング言語を使用して、ダッシュボードの機能を拡張

Yellowfin 9 製品イメージ


「新しいダッシュボードビルダーは、分析プラットフォーム内で何が構築できるのか、という概念に挑戦する、業界の大きな変化を意味しています」と、Yellowfin CTO Brad Scarffは言います。「Yellowfinのダッシュボードビルダーは、開発者に驚くほど自由度の高いデザイン性を提供し、古いグリッドベースパラダイムから脱却して、ダッシュボードキャンバスでの優れたデザインの構築を可能にします。
さらに、新しいダッシュボードコードモードは、開発者に無限の柔軟性を提供することで、ダッシュボードのカスタマイズや拡張を可能にして、高度に特化したユーザーエクスペリエンスを構築できるだけでなく、ダッシュボードをサードパーティ製アプリケーションに接続することで、ユーザーはダッシュボードから直接アクションを実行できます。」

Yellowfin 9のリリースには、Yellowfin プレゼントも含まれており、データストーリーテリングを通して、ビジネスユーザーのニーズに対応するYellowfinのコミットメントを強化しています。ビジネスユーザーは、セキュリティの行き届いた環境下で、統制の効いた情報アーキテクチャを用いて、レポートやグラフ、テキストや図形、ビデオやイメージなどを組み合わせて、説得力のある、データが豊富なプレゼンテーションを容易に作成することができます。

最後に、この最新バージョンでは、新しいモバイルアプリが公式にリリースされます。データ利用者を念頭に置いてデザインされたアプリケーションは、ユニークでありながら慣れ親しんだ体験をユーザーに提供し、最終的に移動中でもBI体験を提供するという根本的な課題に対応しています。ユーザーは、PCでダッシュボードにアクセスせずとも、Yellowfin シグナルを通じてデータ変化の通知をリアルタイムに受信し、Yellowfin ストーリーを通して、インサイトを読み取り、理解することができます。

Yellowfin CEO Glen Rabieは次のように語ります。「Yellowfinは、アクションベースのダッシュボードと、自動ディスカバリー、データストーリーテリングを、統合された単一のプラットフォームに組み込むことで、組織がデータから変革の価値を引き出すことのできる唯一の戦略的エンタープライズアナリティクススイートです。Yellowfin 9は、組織およびソフトウェア開発者に、BI体験の最新化、エンゲージメントの構築、分析の自動化、そしてイノベーションを行うためのツールを提供します」。

Yellowfin 9の詳細と、新機能のデモについては、11月21日に開催されるYellowfin Innovate バーチャルサミット(http://bit.ly/2JUctmv)に登録して、ご確認ください。より詳細な情報は、Yellowfinのウェブサイト(https://yellowfin.co.jp/)をご参照ください。
※Yellowfin Innovate バーチャルサミットは全編英語です。

また、Yellowfin 9のプレビューや製品ロードマップをグローバル本社CEOであるGlen Rabie(グレン・ラビー)が来日し紹介するセミナーイベントを11月19日(火)に開催します。ご興味のある方はぜひ、参加お申し込みください。詳細・申込みはこちらから(https://yellowfin.co.jp/campaign/newrelease-5years-party
※ただし、個人・飲食目的・競合企業などからのお申込みに関しては、ご来場をお断りする場合があります。


Yellowfinについて
Yellowfinは、自動化で強化されたインテリジェントな製品スイートを提供する、ビジネスインテリジェンスおよびアナリティクスソフトウェアのグローバルベンダーです。継続的にイノベーターとして認識され、BARC The BI Surveyでは、組み込みBIにおいて最高評価を獲得しました。50の国々に渡り、29,000を超える組織で、300万人を超えるエンドユーザーが、日々Yellowfinを使用しています。より詳細な情報は、Yellowfinのウェブサイト(https://yellowfin.co.jp/)をご確認ください。

社名 :Yellowfin Japan 株式会社
本社 :東京都中央区日本橋小網町11-8
代表者:代表取締役 CEO Glen Rabie ( グレン・ラビー )
設立 :2014年10月31日
https://yellowfin.co.jp

PRTIMES リリース詳細へ

カテゴリートップへ

注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!

STARTUP×知財戦略バナー

IoTイベント(300x100)

ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム

アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ