このページの本文へ

AINEX「HDE-14」、「HDE-15」

簡単にUSBメモリーが作れるM.2 SSD専用SSDケース

2019年11月08日 22時53分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アイネックスから、USBフラッシュメモリーのように扱えるM.2 SSD専用外付けケース「HDE-14」、「HDE-15」が発売された。

USBフラッシュメモリーのように扱えるM.2 SSD専用外付けケース「HDE-14」「HDE-15」

 M.2 SSDを収納しUSBフラッシュメモリーのように扱える外付けケース。ケース本体はアルミニウム素材を採用し熱伝導パッドが付属(「HDE-15」のみ)する。サイズは24.8(W)×109.7(D)×8.2(H)mm、プラスドライバーとUSBコネクターカバーが付く。

ケース本体はアルミニウム素材を採用。余ったSSDが有効活用できる

 「HDE-14」はM.2 SATA対応のUSB 3.1 Gen 1モデル。「HDE-15」はNVMe SSD対応のUSB 3.1 Gen 2モデル。価格は「HDE-14」が2180円(税抜)、「HDE-15」が4630円(税抜)。ドスパラ秋葉原本店、テクノハウス東映、東映ランドで販売中だ。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中