このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

石川温のPCスマホニュース解説第59回

Adobe MAX「SNEAKS」レポート:

アドビのAIが地味な仕事をなくしていく

2019年11月08日 09時00分更新

文● 石川温

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 PhotoshopやIllustratorなどを販売するアドビ。同社では、11月4日から1万5000人以上が参加するクリエイター向けイベント「Adobe MAX」をアメリカ・ロサンゼルスで開催している。

 2日目となる11月5日の夕方には、Adobe MAXで最も盛り上がると言われる「SNEAKS」というイベントが開かれた。これはアドビ社内で開発中の技術を披露するというもの。バリバリに開発途中のため、プレゼン中に失敗してしまうこともしばしば。観客もそれを温かく見守る雰囲気がある。「こんなことができるのか」と拍手喝采となり、将来的に製品化される可能性がある。そんな最先端の技術を目撃しようと、会場は熱気に包まれるのであった。

 今年の傾向としては「すぐにでも製品化されそう」という堅実な技術が多かったように思う。アドビでは、「Adobe Sensei」というAIのプラットフォームがあるのだが、随所にSenseiの力が発揮されており、「Sensei、大忙し」といった感じであった。

前へ 1 2 3 4 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン