このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

松村太郎の「アップル時評」ニュース解説・戦略分析第62回

ノイズキャンセリング市場そのものに影響が出る:

アップルAirPods Proで大変なことが起きそうだ

2019年11月07日 09時00分更新

文● 松村太郎 @taromatsumura

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 本連載「アップル時評」で前回ご紹介したBeats Solo Pro Wirelessと同日に発売となったのが、アップルブランドで登場したAirPods Pro。ノイズキャンセリング機能を搭載する完全ワイヤレスヘッドフォンです。

 この製品についてはちょっとした論争が生まれています。どうしても、音をどう感じるかは個人の主観と体験に照らした相対的なもので、AirPods Proの音が良いかどうか、聞く人によって評価が異なることは仕方がありません。

 その上で筆者がこれまで、それなりの数、価格帯の広さでヘッドフォンを聴き比べてきた経験で言えば、「AirPods Proで大きな満足感を得る人は相当数多いのではないか」という非常にポジティブな評価を与えるというものでした。

 たとえばノイズキャンセリングを有効にした場合、ソニーの同様のノイズキャンセリング完全ワイヤレスヘッドフォンよりも低音域や中音域のキレが鈍いと感じるし、その領域のパワフルさでいったらドライバーが大きく味付けもそちらに向いているSolo Proの方が楽しめます。音質で言えば、まだまだ上はあり、AirPods Proが最高ではありません。

 しかし、iPhoneのスピーカーや、iPhone付属のEarPods、これまでのAirPodsと比較すれば、若干力不足に感じる中低音だって、十分改良されたと評価できるのです。歯切れが悪く聞こえるかもしれませんが、この辺りが筆者にとっての正確な表現かな、と思います。

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン