このページの本文へ

「昆虫スイーツ」が温暖化対策で静かなブーム、コオロギは“エビ風味”!?

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

世界的な食糧問題や地球温暖化を解決するために、国連食糧農業機関も推奨する「昆虫食」。日本でも静かなブームになっており、コオロギを原料としたスイーツも売れ行き好調だという。

国連も後押し
「昆虫食」に注目集まる

コオロギのアーモンドバターサンド
コオロギの粉末を原料にしたアーモンドバターサンド。圧倒的に女性の方が男性よりも興味を持って食べてくれるという

 ここ数年、昆虫食が静かなブームになっているのをご存じだろうか。昆虫食に関する書籍が出版され、ネットでは食用の昆虫を販売するショップも登場している。

 大阪にある「entomo」では、食用の昆虫を販売し、講演会や子ども向けのワークショップを開催して昆虫食の普及に努めている。また、埼玉にある「バグズファーム」というショップでは、世界中の昆虫食品を、ネットを通して販売している。


 なぜいま、昆虫食に注目が集まっているのか?

 その理由は、ある宣言にある。2013年、国連食糧農業機関(FAO)が、世界的な食糧問題を解決するために昆虫を食用にすることや、家畜の飼料にすることを推奨したのがきっかけになったのである。

 いま、世界的な人口増大に伴って、動物性たんぱく源の需要が拡大している。10年後には90億人になると予想される人口を支えるためには、数億頭の家畜が必要となる。しかしそれだけの数を飼育するには、広大な土地を確保しなければならない。そのため森林破壊や環境汚染が危惧されている状態だ。

 その代替食として注目され始めたのが、昆虫類。FAOの提言を受けて、欧米では昆虫を原料とする食品メーカーが急成長を遂げている。

 とはいうものの、昆虫を食べる行為に対しては「ゲテモノ」「気持ち悪い」と思われる方も少なくない。こういった負のイメージを払拭した食品が登場し、話題を集めている。それは昆虫を原料としたスイーツ「Mrs.Cricket(ミセス・クリケット)」である。

 クリケットとはコオロギのことだが、このスイーツはコオロギの粉末を使用しているのが特徴だ。5月からネットで販売を始めており、現在のラインナップは、アーモンドバターサンドとポテトチップスの2種類だ。

コオロギのスイーツが
女性客に人気

 スイーツを開発したeatopla(イートピア)代表の清水美樹さんに話をうかがった。

コオロギを使ったポテトチップス。コオロギ特有の風味は「海老のような香ばしさ」だという

「昆虫の中でもコオロギはとりわけ栄養価が高く、タンパク質は同量の牛肉と比べて2倍、ビタミン12は鮭の7倍、鉄分はほうれん草の2倍も含まれています。さらに成長ホルモンの分泌促進に効果のあるアルギニンや、睡眠の質を高めるグリシン、コラーゲンの生成要素になるプロリンなどアミノ酸も豊富に含んでいるのです」(清水さん、以下同)

 アーモンドバターサンドには、コオロギ約12匹分、ポテトチップスには約30匹分を使用している。小麦粉や白砂糖、卵、バター、トランス脂肪酸といったアレルギーを引き起こす原料は一切使用していないため、健康に留意したスナックになっている。現在はネットショップ、イベント会場などで販売しており、売れ行きは好調だ。

 味が気になるところだが…。

「昆虫を使っていると聞くと抵抗のある方もいらっしゃいます。ですので、お菓子なら食べてもらえるんじゃないかと考えたのです。味は普通のクッキーとほとんど変わりません。食べた後、かすかにコオロギ特有の風味が残りますが、これも海老のような香ばしさがあるので、美味しいと感じてくださるお客さんが多いです」

 意外なことに、この昆虫スイーツ、圧倒的に女性に受けているそうだ。

「最初は男性が興味を示すと思っていたんですが、女性のほうが好奇心旺盛のようです」

 現在、25歳の清水さん。学生時代に沖縄へ旅した際に、海の汚れにショックを受けたのが、起業のきっかけだった。

「汚染の原因を調べていくと、地球温暖化にたどり着きました。例えば、牛のゲップに含まれるメタンガスも温暖化の原因のひとつであると知り、衝撃を受けました。より環境負荷の少ない食料を探している中で、昆虫食に出会ったのです」

牛や豚と比べて格段に
温室効果ガスの放出量が少ない

 小さい頃から料理が好きで、食に関する仕事に就きたいと考えていた清水さんは、大学卒業後、大手銀行に入社した後、独立起業を果たした。

昆虫スイーツを開発した清水美樹さん。地球温暖化対策として昆虫食の普及に務めている

 実際に、昆虫は家畜と比べて地球温暖化の原因になる温室効果ガス(メタン、二酸化炭素など)の放出量が極めて少ない。また、牛や豚がそれぞれ生後30ヶ月、6ヶ月後に出荷されるのに対し、昆虫は孵化から1、2ヶ月程度で成虫になる。また、肉を1kg増やすために、牛は10kgのエサが必要だが、コオロギはわずか2gで済む。

 世界のほぼすべての地域で人間は穀物を食べているが、牛や豚の飼育にも穀物が飼料として使われている。こういった現在の食料システムでは、人間と家畜が食料を取り合っている状態なのである。

 国連食糧農業機関(FAO)は、こういう環境負荷の低さから、昆虫食を推奨しているのである。

「今後は、コオロギの粉末を原料として販売したいと考えています。コオロギは和食に合うと思いますので、家庭で気軽に使ってもらいたいのですね。そのために、料理法などを紹介するワークショップを開催していきたいです」と構想を話す清水さん。まずは、環境問題に関心のある層に昆虫スイーツを届けたいと願っている。

 いま、世界では2000種類以上の昆虫が食用として利用されている。日本でもはるか昔から昆虫を食べてきた伝統があり、イナゴや蜂の子は、山間部の貴重なタンパク源として受け継がれている。

 地球温暖化防止の一助となる昆虫食は、大きな可能性を秘めている。

(吉田由紀子/5時から作家塾®)


※本記事はダイヤモンド・オンラインからの転載です。転載元はこちら

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ