このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

東京モーターショー 2019レポート第7回

東京モーターショー 2019

人いっぱいのモーターショーはiPhone 11 Proのカメラで撮れ!

2019年10月30日 12時00分更新

文● 林 佑樹 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

東京モーターショーを
iPhone 11 Pro Maxだけで撮影した

 スマホのアウトカメラは標準カメラだけでなく、望遠や超広角も搭載されるようになった。とくにハイエンドモデルでは、ほとんどのメーカーが3種の神器的に実装している。また、ミドルクラスの端末でも、標準と望遠、もしくは標準と広角といった構成になっており、スマホによる撮影幅は広がる一方だ。

 3つもしくは、2つのカメラの使い分けを知っていると、人が多いイベントや場所においての撮影がスムーズになる。今回はほどよく東京モーターショー2019が開催中なので、混雑している中でクルマやおねーさんを効果的に撮る方法を紹介する。

※作例はすべて原寸サイズで掲載しています。通信量に注意してください。

東京モーターショー2019でチェックしてみた
デカいブースは広角で決まりだが、それ以外の使い道もちゃんとあるのだ

 使用したスマホはiPhone 11 Pro Max。広角13mm、標準26mm、望遠52mmの3つのカメラを備えている。Android端末でも同様に複数のカメラを搭載しているのは当たり前であるため、本稿では画角の値ではなく、広角、標準、望遠で表記していく。もちろん、微妙に画角の違いはあるのだが、基本的な部分は共通している。

 3つのカメラがあるメリットは、人の混雑量に応じて自分の位置をほとんど変更しないで撮影がしやすいこと。たとえば、標準では入りきらないからと後ろに下がる必要なく、広角カメラに切り換えるだけで対応でき、人が多いイベントほど重宝するだろう。また、展示内容を解説するパネルを撮影する際も、意外と標準カメラでは入りきらないことがあり、ここでも広角カメラの出番だ。

人が多いと、少し下がりたいと思っても下がれないことが多い

 実際の見え方の違いを見てみよう。望遠と広角を比べてみると、近くにあるものと遠くにあるものの距離が変化する。パースペクティブといい、とくに広角になるほど顕著。近いものは大きく、遠くのものは小さくなると覚えておくといいだろう。

SUBARU VIZIV ADRENALINE(参考出展)を例にする。上から同じ位置から広角、標準、望遠で撮影。パースペクティブによる変化がわかりやすいはず

 上の3点から言うとクルマくらいの大きさの物を撮る場合は、望遠がもっとも無難な写りになる。そのため人が多い場合は、後ろからスマホを天に掲げて撮影するのが無難。とはいえ、下がれない場合もあるので、そのときはなるべく標準で撮影するといいだろう。

逆に平面的な物を撮りたいときは、パースペクティブの影響はほとんど気にしなくてもいいので、ちょうど収まるカメラを選ぶといい
ホイールの撮影はついつい広角にしたくなってしまうが、なるべく標準で撮影がオススメ

前へ 1 2 3 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ