このページの本文へ

篠原修司のアップルうわさ情報局第380回

忘れ物や落とし物防止するガジェット:

Apple開発中追跡タグの名前「AirTag」に?

2019年10月29日 18時30分更新

文● 篠原修司

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Appleが開発しているとうわさの落とし物追跡タグの名前は「AirTag」になるかもしれない。米メディア9to5Macが10月28日に報じた。

 同紙によると、今日29日に配信されたiOS 13.2内部のアセットから「AirTag」の名前を確認したという。

 また、「AirTag」のフォルダ内には「BatterySwap」という名前の動画アセットもあり、このことから「AirTag」はバッテリーを交換できるタイプになるとも予想されている。

 リリース時期については不明だが、iOS 13.2に含まれていたことから今週中に発表される可能性があるとみられている。


筆者紹介:篠原修司

1983年生まれ。福岡県在住のフリーライター。IT、スマホ、ゲーム、ネットの話題やデマの検証を専門に記事を書いています。
Twitter:@digimaga
ブログ:デジタルマガジン

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中