このページの本文へ

iPhoneのスゴワザ!第77回

iPhoneの新機能「Look Around」を使う方法

2019年10月29日 10時00分更新

文● 金子 麟太郎 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 iOS 13では、Apple純正の地図アプリ「マップ」に、360度見まわせる新機能「Look Around」(ルックアラウンド)が追加されました。日本ではまだ使えませんが、アメリカを含むごく一部の地域で使えます。

 まず「マップ」アプリをタップし、「Look Around」のアイコン(双眼鏡)をタップします。

 するとマップのおよそ上半分に360度見まわせる画面、下には地図が表示されます。その方角を向いているのかを確認しながら360度見まわせるのがポイントです。

 場所を指定してから、その周辺を360度見まわすことも可能です。

 前進するには任意の場所をダブルタップします。


筆者紹介:金子 麟太郎


 14歳の頃から、パソコンやタブレットで作曲する。CD制作にも取り組むうちに、機械にも興味を持ち、2016年(20歳)からITに関連する企業を取材し、記事を執筆する活動を始める。



■関連サイト

カテゴリートップへ

この特集の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中