このページの本文へ

ServiceNow、ビル・マクダーモットを次期CEOに任命  現CEOのジョン・ドナフーはナイキ社のCEOに就任

ServiceNow Japan株式会社
2019年10月25日

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ServiceNow、ビル・マクダーモットを次期CEOに任命  現CEOのジョン・ドナフーはナイキ社のCEOに就任

ServiceNow Japan株式会社
本人事は2019年末より有効


※本資料は、2019年10月22日(米国時間)付けで、米国ServiceNow, Inc. が発表した報道資料の抄訳版です。

【2019年10月22日(米国時間)カリフォルニア州サンタクララ発】:ServiceNowは本日、ビル・マクダーモット(Bill McDermott)が2019年末に同社の最高経営責任者(CEO)兼プレジデント、および取締役会メンバーに就任することを発表しました。現CEOのジョン・ドナフー(John Donahoe)は、2020年1月に同社を退社し、ナイキ社のCEO兼プレジデントに就任する予定です。本人事を円滑に進めるために、移行期間の間、ドナフーはServiceNowのCEOにとどまり、2020年6月に満了する現任期の残りの期間、引き続き同社の取締役会メンバーとして在籍します。

マクダーモットは、エンタープライズ・ソフトウェア分野における広範なグローバル・リーダーシップの経験、および革新的な成長と株主価値を生み出してきた確かな実績をServiceNowにもたらします。マクダーモットは2010年から2014年までSAPの共同CEO、2014年から同社のCEOを務めており、今月末で退職します。マクダーモットは最近、SAPとの契約を更新せず、同社での17年のキャリアを終え、CEO職を辞任する決定を下したことを発表しています。SAPのCEO職を引き継いだ後、ServiceNowに入社します。

マクダーモットは、共同CEOおよびCEOとして在職した期間で、SAPの市場価値を3倍の約1,400億ドルにまで高め、世界180カ国に43万7,000人以上の顧客を持つグローバル・ソフトウェア企業へと成長させました。また、SAPのクラウド移行を推進し、売上、利益、従業員エンゲージメント、および環境持続可能性の大幅な改善に寄与しました。SAPに入社する以前は、Siebel Systems、Gartner、およびXeroxにてシニア・エグゼクティブの職を歴任し、セールス部門のキャリアを開始しました。また、ゼロックス (Xerox) における17年間のキャリアを通じて、一連のシニア・エグゼクティブの職務を任されてきました。

ServiceNowの取締役会の独立筆頭取締役であるジェフ・ミラー(Jeff Miller)は次のように述べています。「当社の取締役会は、ビル・マクダーモットが経営陣に加わることを大変楽しみにしております。彼のグローバルの知識と確かな実績は、CEO職の円滑な移行を約束し、切れ目のない強力なリーダーシップをもたらしてくれるでしょう。ビルは、顧客の成功にコミットしたデジタル・ワークフローのリーダー企業、およびエンタープライズ・デジタル・トランスフォーメーションを実現する顧客に選ばれる戦略的なパートナーとしての当社のモメンタムと名声をより一層高めてくれるものと確信しております。」

ミラーは次のようにも述べています。「ジョン・ドナフーは、当社にとって類まれなリーダーであり続け、目的主導型の企業カルチャー、顧客主体のアプローチ、および製品イノベーションを推進し、卓越した株主価値を生み出してきました。当取締役会は、従業員、パートナー、顧客を代表し、彼に心から感謝の意を示したいと思います。次の役職でも、彼が大きな成功を遂げることを願っております。」

2017年4月にServiceNowに入社して以来、ドナフーは顧客基盤の拡大で陣頭指揮を取り、四半期毎30%以上の成長という継続的な年間売上成長を実現してきました。彼の在職中に、ServiceNowの時価総額は3倍以上に増加しました。

ドナフーは次のように述べています。「ServiceNowは特別な企業で、このチームを率いてこられたことを大変光栄に思います。従業員の皆さんと一緒になり、これまで成し遂げてきたこと、そして全社一丸の顧客への深いコミットメントをとても誇りに思います。ServiceNowの将来、およびこのチームが引き続き事業を強力に遂行していくものと確信しています。この企業をさらに前進させていく上で、ビル・マクダーモット以上に優れたリーダーは想像できません。」

マクダーモットは次のように述べています。「ServiceNowは、世界で最もエキサイティングで革新的な成長企業の1社です。ServiceNowは、変革をもたらすプラットフォームと非常に才能に溢れた従業員を擁し、無限の可能生を秘めています。フレッド・ルディー(Fred Luddy)は、当社の明るい未来を築く永続的な基盤を私たちに与えてくれました。ドナフーの後を引き継ぎ、ServiceNowの誇るべきレガシーを次の章へと進めていけることは私の光栄とするところです。今後、ServiceNowで仕事ができることを大変楽しみにしており、今から待ち切れません。」

以上

ServiceNowについて
ServiceNowはITから人事、セキュリティ、カスタマーサービスまで企業全体の定型業務プロセスを簡素化、自動化するシングルプラットフォームNow Platform(R)を中核として、企業向けのクラウドサービスを提供しています。世界中の企業が、多様なニーズに合わせてカスタマイズ可能なサービスポータルやワークフロー、機械学習などの機能を活用することで、デジタルトランスフォーメーションを推進し、従業員や顧客に優れた体験を提供しています。詳細は https://www.servicenow.co.jp/ をご確認ください。

ServiceNow、ServiceNowのロゴ、Now、その他の ServiceNowマークは米国および/またはその他の国におけるServiceNow, Inc.の商標または登録商標です。その他の会社名と製品名は、関連する各会社の商標である可能性があります。

一般のお問い合わせ先
ServiceNow Japan株式会社
Tel: 03-4572-9200(代表)
お問い合わせフォーム: https://www.servicenow.co.jp/contact-us-request-info.html

PRTIMES リリース詳細へ

カテゴリートップへ

注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!

STARTUP×知財戦略バナー

IoTイベント(300x100)

ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム

アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ