このページの本文へ

春雨はダイエットにならない!?日本人の9割がやっている残念な健康習慣

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
春雨はダイエットに効く!?
写真はイメージです Photo:PIXTA

多くの人が体にいいと思って行っている健康習慣。最近ではメディアにあらゆる情報があふれ、中にはまったく意味がなかったり、逆に悪影響を及ぼしてしまうものも蔓延している。そこで今回は、4万部を突破したベストセラーの第2弾『日本人の9割がやっている かなり残念な健康習慣』(青春出版社)から、日常の中で気になったり、やってしまいがちな健康にまつわる習慣を紹介する。

ヘルシーなイメージの春雨がダイエットにならない理由

 ヘルシーな食品というイメージの強い春雨。体重が気になる人のなかには、日ごろから好んで食べている人もいるだろう。しかし、この機会に、ぜひ考えを改めることをおすすめする。残念ながら、春雨がダイエットに効くというのは幻想だ。

 春雨はツルツルした食感、爽やかなのどごしなどから、うどんや中華麺とは全然違うタイプの食べもののような気がするかもしれない。だが、春雨の原料になっているのは、いくら食べても太らないような特殊な食材ではない。緑豆やイモ類から取り出したでんぷんなのだ。

 一方、うどんや中華麺は小麦粉から作られる。もちろん、その主な成分はでんぷんだ。原料がよく似ているのに、うどんや中華麺と比べて、春雨だけがぐっとヘルシーというわけはないだろう。春雨はダイエット食品。こう信じていた人は驚くだろうが、春雨のカロリーや糖質は意外なほど多い。ゆでた場合で比較すると、春雨のカロリーはうどんの約80%、中華麺の55%前後もある。糖質にいたってはうどんの90%余り、中華麺の70%近くも含んでいる。麺よりもずっとヘルシーだからと、たっぷり食べていると、逆に太ってしまうことになりかねないのだ。

 ダイエットを目的に食べるのなら、春雨ではなくしらたきがいい。正真正銘のヘルシー食品、コンニャクの一種なので、カロリーも糖質もほとんど含まれていない。

くしゃみをガマンすると血圧が急上昇して危険!?

 映画館やコンサート会場にいるとき、あるいは会議中などの際、くしゃみをしたくなったらどうするか? 多くの場合、口や鼻を押さえたり、のどに力を込めたりして、我慢するのではないか。

 まわりに迷惑をかけたくない、という気づかいはもちろん悪くない。だが、くしゃみを必死で止めようとする行為自体は最悪だ。くしゃみは、鼻のなかにほこりや細菌、花粉などが入って鼻粘膜が刺激された際、そういった異物を外に吹き飛ばそうとする防御反応。その勢いは凄まじく、吐き出される息のスピードは、最速で新幹線並みの時速300kmを超える。

 こうした爆発的な力があるのだから、我慢すれば体にダメージがあるのは当然だ。のどや鼻、耳にすごい圧力がかかり、飛行機で急上昇したときのように耳がキーンと鳴ったり、粘膜が傷ついたり、鼓膜に障害が起こったりすることがある。

 血圧が急上昇するのも大きな問題だ。高血圧と診断される上の数値は140mm以上だが、くしゃみを我慢すると、一瞬で200mm程度まで上がる恐れがある。これでは、脳動脈瘤が隠されていた場合、破裂してもおかしくない。

 くしゃみは多少マナー違反になるような場合でも、我慢しないほうがいい。特に鼻をつまんで我慢すると、血圧が一気に高くなりやすいので、絶対にやってはいけない。ハンカチで口を押さえて、音を小さめにする程度にとどめよう。

朝食の定番・納豆ごはんに加えないほうがいい食材とは?

 朝食の人気定番メニューのひとつが納豆ごはん。生卵を加えるとさらにうまい!という人もいるだろう。この食べ方が大好きな人に、ちょっと残念な情報を伝えなければならない。

 納豆には美肌を保ったり、アトピー性皮膚炎を軽くしたりするのに役立つビオチンという成分が含まれている。このビオチンは、生卵の白身に含まれるたんぱく質の一種、アビジンと結合すると、体内で吸収されなくなってしまうのだ。

 ビオチンはほかのさまざまな食品にも含まれているので、バランスの良い食事を取っていれば、不足することはない。とはいえ、ビオチンを簡単においしく摂り入れられる機会を逃さないほうがいいだろう。

残尿感を年のせいにしていると危険!?

 最近、おしっこが出づらくなったけど、年のせいだから仕方がない。病院に行くほどでもないだろう。こう思う初老の人は多そうだが、尿の出方が以前とだいぶ違うようになってきたら、軽く考えないほうがいい。

 尿の出が悪い、残尿感がある、夜中にトイレによく起きる。これらは前立腺肥大症の主な症状だ。50歳以上の男性の約半分がなっているという、非常にポピュラーな病気なので、深く考えず、なかなか病院を受診しないのも無理はないかもしれない。

 しかし、前立腺肥大症のこうした症状は、前立腺がんでもよく見られるのだ。放っておくと、がんをどんどん進行させてしまう。前立腺がんは血液検査で簡単に早期発見できる。尿の異常を感じたら、なるべく早めに病院で検査を受けよう。


※本記事はダイヤモンド・オンラインからの転載です。転載元はこちら

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ