このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

中の人が語るさくらインターネット第13回

「超個体型データセンター」コンセプトで目指す未来像、チームで研究に取り組む理由【後編】

研究員たちが考える、さくらインターネット研究所「これから」の10年

2019年10月29日 08時00分更新

文● 大塚昭彦/TECH.ASCII.jp 写真● 曽根田元

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 今年7月に設立10周年を迎えたさくらインターネット研究所。前編記事では研究所所長の鷲北賢氏らに、同社内における研究所の位置付けや、これまで10年間の歩みを振り返ってもらった。

 鷲北氏は「これからの10年間」を展望する中で、よりアカデミックな(学術研究的な)アプローチを強化すべく2017年ごろから新たな研究員を数多く迎え入れたこと、今後の10年間を見据えた研究ビジョンとして「超個体型データセンター」というコンセプトを掲げたことを紹介した。

 それでは、さくらインターネット研究所は「これからの10年」をどのように歩もうとしているのか。また「超個体型データセンター」とはどんな未来像なのか。今回の後編記事では、新しい研究所メンバーである松本亮介氏、坪内佑樹氏、宮下剛輔氏、青山真也氏の各氏に詳しく話を聞いた。

左から、さくらインターネット研究所 客員研究員の青山真也(amsy810)氏、上級研究員の松本亮介(まつもとりー)氏、研究員の坪内佑樹(ゆううき)氏、客員研究員の宮下剛輔(mizzy)氏。さくらインターネット福岡オフィスにて

研究に専念していくためには「チーム」が必要だった

 前編記事で鷲北氏も説明していたように、まず2018年11月に松本氏がさくらインターネット研究所に入所し、そのあと松本氏が呼び集めるようなかたちで、2019年初頭にほかの3氏も相次いでジョインした。さらにこの取材(2019年7月)以後、鶴田博文(つるべー)氏も新たな研究員として加わっており、現在の研究所メンバーは総勢9名だ。

 なぜこのメンバーだったのか。松本氏は、それぞれのメンバーが研究所に加わった理由について説明する。

松本亮介(まつもとりー)氏。京都大学博士(情報学)、GMOペパボ チーフエンジニア/ペパボ研究所 主席研究員を経て、2018年8月からForkwell技術顧問、2018年11月からさくらインターネット研究所 上級研究員、ペパボ研究所 客員研究員を務める。そのほかセキュリティキャンプ講師、情報処理学会、ITRC各種運営委員、IEEEやACMの各種会員

 まず、はてなでSRE(Site Reliability Engineering)エンジニアを務めていた坪内氏とは、コミュニティ活動などを通じて以前から交流があり、よく技術や仕事について議論していたという。

 「ゆううきさん(坪内氏)とは昔から知り合いで、ずっと仕事のことや技術のことを話してきたのですが、一緒の職場で働いたことはありませんでした。僕がさくらインターネットに入社するというブログを書いたとき、ゆううきさんから、研究者としてのキャリアについて同じように考えている、さくらで一緒に働くことに興味があると連絡をいただいて。そういえば僕ら一緒に働いたことないね、一緒に研究開発したら面白い技術が生み出せるかもねと盛り上がって、すぐに入社となりました」(松本氏)

坪内佑樹(ゆううき)氏。新卒入社した前職のはてなではWebオペレーションエンジニア/SREを務めつつ、論文執筆も行ってきた。技術を使うことに加えて「技術を創る」ことを志し、技術者から研究者へと転向。2019年2月に研究員として入所

 客員研究員の宮下氏、青山氏については、松本氏の側から明確な意図を持って誘ったという。松本氏は前職でGMOペパボ研究所の立ち上げに参加し、そこでGMOペパボのサービスに直接関わる領域の研究開発を続けていたが、その立ち位置に課題も感じていた。

 「当時はエンジニアとしてサービスに近い領域で運用や開発をし、その知見を研究にも生かせることが武器になると考えていました。ただし研究活動に専念するとなると、運用開発の現場からは距離を置くことになり、その間に現場はどんどん変化していきます。研究をしながら現場の細かい領域まで理解し続ける、その両方をやっていくのは、たぶん僕にはできないだろうと考えたのです」(松本氏)

 さくらインターネット研究所に入所し、これから研究に専念していくためには、現場の最先端動向を理解しているメンバーと「チーム」を構成する必要がある。そう考えた松本氏は、「業界でも先頭に立ち、業界を引っ張っているお二人に声をかけました」。それが宮下氏、青山氏だった。

 「前々からお二人を誘いたいと考えていて、ずっときっかけを探っていました。まずmizzyさん(宮下氏)は、僕が書いたブログに『これヤバイじゃん!』みたいなコメントをしてくれて。一方で青山さんは、Twitterで『何か新しいことがやりたい』とツイートされていて。このチャンスを逃すまいと(笑)、それぞれ5分後くらいにはDMで『一緒にやりませんか?』とメッセージを送った記憶があります」(松本氏)

 宮下氏は顧客企業を支援するフリーランスエンジニアとして、また青山氏はサイバーエージェントのクラウド/コンテナ基盤を支えるプロダクトオーナーとして、それぞれ最先端の現場に関わり続けている。

 「僕は業務委託を受けていろいろな会社の現場を見ていますから、現場がいま何をやっているのかを研究所メンバーに伝え、その反対に研究所でやっていることを現場に伝えて実際に試してもらう、お互いにフィードバックし合うための“つなぎ役”になろうと考えています」(宮下氏)

宮下剛輔(mizzy)氏。SIerやGMOペパボを経て、2014年からフリーランスのソフトウェアエンジニアとして活動。業務委託を受けた顧客企業のサーバーインフラ構築運用支援や技術顧問などを行う。サーバー環境の自動テストツール「Serverspec」もOSSで開発。2019年3月から客員研究員として参加

 また青山氏は、自身が積極的に参加しているコミュニティや技術カンファレンスで情報収集した最新の知見を研究所にもたらすのも、大切な役割だと考えていると語る。

 ちなみに松本氏は、宮下氏とは旧知の間柄だったものの、青山氏とはまったく面識がなかったという。青山氏は「いきなりDMが届いて、びっくりしました」と笑う。

 「実はそれ以前に、超個体型データセンターについてのブログも読んでいて、『面白いことやってるなあ』と思っていました。ただ、それについてSNSなどで反応したこともなかったので、DMをもらったときは『えっ、そこから誘いが来た』と。最高の展開でしたね」(青山氏)

青山真也(amsy810)氏。2016年にサイバーエージェント入社、OpenStackによるプライベートクラウド基盤の構築に携わり、Kubernetesを活用したコンテナ基盤のプロダクトオーナーも務めている。他社でも技術アドバイザーを務めるほか、CloudNative Days Tokyoのカンファレンス共同実行委員長などコミュニティにおいても中心的役割を果たす。2019年4月から客員研究員として参加

 4氏の主な研究領域、得意分野はそれぞれ異なる。大まかに言うと、松本氏はクラウドやホスティングサービスにおけるセキュリティ、性能、運用技術、大規模システム設計、OS/ミドルウェア開発など、坪内氏はSREやデータ指向アプリケーション、宮下氏はサーバーインフラの運用自動化/効率化、青山氏はKubernetesやクラウドネイティブ技術といった役割分担だ。

前へ 1 2 3 次へ

この特集の記事

灯油タンクで残量検知を実現!北海道の生活を守るIoTとは【熱量IoT】#3

動画一覧はこちら!